※コインチェック取引所は『2018/1/26の不正出金』事案中のため、過去記事を読まれる際はご注意ください。
被害金額は全額弁済されるようですが行政処分の可能性が残るため、同じくNEMを扱う人気取引所『Zaif』がオススメ(解説記事へ)

その他アルトコイン

【買い方】Binance coin(BNB)の買い方、購入手順を解説します

更新日:

今(2018年1月22日現在)一番注目されているBinanceが
独自に発行しているトークン、Binance coin(BNB)。

このトークンはBinanceでしか使うことができないものですが
Binanceで利用するのであれば非常にメリットの多いトークんです。

 

今回はそのBinance coinの購入方法について解説していきます。

Binance coin(BNB)とは

Binance coin(BNB)は、Binanceが独自に発行しているトークンで
Binance内で利用することができます。

BNBは利用者にとってメリットしかないトークンであり
Binanceを利用するのであれば必ず数枚は保有しておくべきトークンです。

12月はじめは2ドル付近を上下していましたが
12月はまさにBinance利用者が急増した時期であり
利用者増加に伴い、BNBも高騰していき、最高で22ドルまで高騰していました。

流通しているのも1億枚ほどしかないため
これも高騰を後押しした要因となったのでしょう。

BNBのメリットは一つだけでなく複数存在するため、軽く紹介していきますね。

取引手数料が半額

Binanceでの取引手数料は通常0.1%です。
この時点でほかの取引所と比較するとかなり安いですが
Binanceではこれをさらに半額にすることができ
BNBを手数料として支払うようにすると0.05%とという驚異の爆安手数料になります。

どれくらいヤバいかというと
10万円分の取引をすると手数料は50円だけということになるのです。

比較用にBittrexだと0.2%なので4倍の手数料である200円がかかりますね。

銘柄上場投票に使える

Binanceでは毎月Binance利用者による投票をおこなっています。

この投票で上位にランクインした銘柄がBinanceに続々上場していくようになっています。

ランキング1位から順番に上場するというわけではありませんが
ランキング上位の銘柄はトラブルがない限りまず上場します。

そしてこの投票に使うのがBNB。上手な仕組みですね。

好きな銘柄を上場させたたければうちのトークンを買って投票してね
というwin-winな関係を作れています。

ICOに参加できる

日本人にはあまり認知されてなさそうですが
Binanceにはすでに「LaunchPad」というICOプラットフォームが存在します。

このICOに参加する際に使用するのがBNBとなっています。
べた褒めしちゃいますけど、ほんと運営側上手だと思います。

 

さて、長くなりましたが、次はBinance coinの買い方です!

 

Binance coin(BNB)を買える取引所

Binance coinは、Binanceでのみ取引を行なえます。

利用先がBinanceしかないので当然と言えば当然ですね。

取引所トークンはその仕組み上外部取引所に上場しにくいですが、QASHのようにグローバルに展開していくのであれば外部取引所に上場するかもしれないですね!

 

Binance coin(BNB)の買い方・購入手順

BNBを購入するには以下の手順で行います。

  1. Binance口座開設
  2. 仮想通貨入金
  3. BNB購入

となっています。

Binanceは現状(2018年1月23日時点)本人確認不要で取引ができるので
最速で1分あれば開設完了します。

本人確認不要というのはBinanceが今のところ法定通貨を扱っていないという点もあるのでしょうね。

1.Binance口座開設

BNBを取り扱っているBinanceの口座を開設します。
開設するだけならば、メールアドレスとパスワードだけで作成でき
そのまま取引まで行えます。

本人確認しない場合としている場合の違いは
1日の出金限度額が異なるだけです。

2.仮想通貨入金

Binanceは日本円や米ドルなどの法定通貨に対応しておらず
全て仮想通貨通しでの取引となっています。

なので、Binanceに対応している通貨であれば何でもいいので
ビットコインに限らず、イーサリアム、リップル、ネオなどで入金しましょう。

日本円で入金する予定であれば
一度国内取引所に入金してからビットコインなどの仮想通貨を買って送金するのがベストです。

現在おススメ出来る国内取引所はBitflyerかCoinCheckです。

Zaifは運営元のテックビューロがトラブル起こしまくって信頼ゼロ状態なので非推奨です。

Binanceは入金反映自体はとても早く
各銘柄ごとに設定された承認数を満たしてから数分
相当混雑している場合でも10~20分で着金するのでのんびり待ちましょう。

 

3.BNB購入

入金が完了したらいよいよ購入です。

BNBはBinanceでは基軸通貨としての働きも持っており
40種類以上の通貨ペアを持っています。

 

非常に多いですが、BNB/BTCも当然あるので
今回はBNB/BTCを例に出しますね。

 

バイナンストップページからBTC Marketsを選択し
右の検索ボックスにBNBを入力
するとBNB/BTCが出てくるのでそれをクリック。

ただ、BNB/BTCはBinanceの中では出来高が多いので
少し上にピックアップされているかもしれません。

 

 

すると取引画面が出てきますが
Binanceは「Limit・Market・Stop-Limit」の三種類があります。

日本語に置き換えると「指値・成行・ストップロス注文」となってます。

今すぐにでも買いたい!我慢なんてできないという方はMarket
指値注文をして刺さるのを待つのであればLimit。

Stop-Limitはストップロス注文
いわゆる逆指値と指値をいっぺんに行うオーダーですね。

 

わからなければ上二つで十分です。

Binanceは開発が積極的でかなりアクティブなので
これからまた新しい用法が増えるかもしれません。

現在(2018年1月23日時点)は価格がそれなりに安定しているほか
投機以上の需要が存在しているため
BNBの利用法がなくならない限り長暴落をすることはないでしょう。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

Binanceは世界一の取引高を誇る超大手のトークンであり
メリット満載であるため既にBinanceを使っていて
このことを知らないのであれば少量でもいいので買っておくといいでしょう。

一回の注文で数十万程度しか行わないのであれば3枚だけでもかなりの恩恵を得ることができますよ。

>>Binance coinが買えるBinance取引所はこちら

ブログ更新通知を受け取る(無料)

↓仮想通貨-ビットコイン投資で稼ぐ人のメールマガジン(無料版)↓

メルマガ@マネオラ

『ブログ更新通知』と、ほぼ毎日『仮想通貨投資コラム』を配信中。まだ億れてはいませんが、参考になるかもならないかも


 

↑送信後に確認メールが飛びますので、認証URLをクリックして登録完了です。

マネオラ編集の注目案件

 当ブログの運営者が注目している、仮想通貨・フィンテック投資案件をピックアップ

Zaif(NEM/MONA/COMSA等、人気銘柄+自動積立◎)

素人の売買はプロの養分。そんな心配を無くしてくれる、仮想通貨の自動買い付け・定期積立がすばらしい国内3大取引所のひとつ。日本円で最安&国内大手でNEM(XEM)・COMSA(CMS)を買うなら筆頭候補。運営会社のテックビューロは、日本でもっとも資金を調達したICO、COMSAの運営元でもある。

DMM Bitcoin

ローラのCMでおなじみのDMM参加の取引所。Bitcoinやイーサリアムのみならず、あのNEMやリップル、ライトコインなどアルトコインの、レバレッジ取引(5倍)に対応!大手資本で安心か

Bankera-バンクエラ(海外ICO/トークンセール)

【トークンセール開催中】既に配当報酬が配布されるなど、きちんと動いている感のあるICOの『Bankra-バンクエラ』。次世代銀行の出資者になって、配当イーサリアムをゲット。ICOブームは終わったと言われる中、堅調に参加者・資金を集めています。

Changelly(仮想通貨の一括両替サービス)

ビットコイン→イーサリアム、リップル→NEO、DASH→BATなど、マニアックなアルトコインも対応の一括両替サービス。コインチェックよりも格安&簡単に通貨種を変えれます。

bitFlyer(国内3大取引所、取引高No1)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最安&国内大手でビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ買うなら筆頭候補。業界初TVCMを放映した日本を代表する取引所。(口座開設&維持は無料)

モッピー(ビットコイン無料入手ポイントサイト)

モッピー!お金がたまるポイントサイト

東証一部上場企業が運営する、ビットコインを無料で入手できるポイントサイト。コインチェック&bitFlyerと日本の二大取引所で、ビットコインをゲット。

maneo(大手ソーシャルレンディング)

仮想通貨に疲れたら、放置で楽ちん年利5〜8%を狙う、ソーシャルレンディングのリーディングカンパニー。うちのブログに名前が似てますが、maneoさんは実績9年の大先輩。わたしも35万円ほど運用中。2〜3万円と少額からトライできます。

定番ハードウェアウォレット Ledger Nano S

取引所に預けるよりも安全に仮想通貨資産を管理。ビットコインやイーサリアム、リップル、ライトコイン、ERC20系トークンまでカバーする定番ハードウェアウォレット。詐欺業者も多いため、購入の際は、メーカー直販か正規代理店を利用しましょう。

-その他アルトコイン

Copyright© Maneora , 2018 All Rights Reserved.