その他アルトコイン

【仮想通貨】FSCC(フィスココイン)の買い方・購入方法&手順を解説します。

Zaif銘柄でもある、フィスココインの買い方・購入方法を解説します。

日本でもICO(initial Coin Offering)が、
少しずつですが浸透してきました。

 

ICOというのは、ある企業が新しく事業を行うために、
ブロックチェーン上で発行することができるトークン(通貨)を発行し、

そのトークンを発行した企業が
ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を交換することで資金調達をするという新しい試みです。

 

 

株式市場でいう
IPO(新規上場株)と思ってもらうと良いかと思います。

 

 

その中でもジャスダック市場に上場している、株式会社フィスコ社は、
2016年にICOでFSCC(フィスココイン)を発行しています。

 

 

今までの取引はZaifだけで行われていましたが、
2017年9月11日から株式会社フィスコが運営している
フィスコ仮想通貨取引所でもトークンの売買を開始しました。

今回は発展の伸び代が十二分にある、
フィスココインについての概要と購入方法等を解説していきます。

 

FSCC(フィスココイン)とは。ざっくりおさらい。

フィスココイン(通貨コード:FSCC)は
株式会社フィスコによって発行されるトークンです。

2016年に10月に市場で売り出されると
始値で、25,252円という高値を記録しました。

フィスココイン発行後フィスココインを発行しているフィスコの株価も上昇し、
211円から629円まで一ヵ月で3倍も高騰しました。

 

 

さらに2017年4月に同じジャスダック市場上場企業である、
シンワアートオークションと業務提携をしています。

 

将来的にはブロックチェーン技術を応用し、
美術品の登録システムに関する実証実験や
共同開発なども検討されていて期待が高まっています。

 

FSCCを購入できる取引所

フィスココインを購入できる取引所は前述したように、
Zaifとフィスコ仮想通貨取引所となっています。

 

どちらの取引所も甲乙つけがたいのですが、
扱っている仮想通貨とトークンの多さで、
Zaifでフィスココインを購入する方法を紹介していきます。

 

 

購入手順を5ステップでご紹介!

フィスココインの購入は

  1. Zaifの口座開設
  2. 通貨ペアの選択
  3. トレードビューの確認
  4. 板の確認
  5. 買い注文を行う

↑このような手順で進めていきます。

順を追って見てみましょう!

 

FSCCの購入手順1.Zaifの口座開設

まず、Zaifでフィスココインを購入するためには、
Zaif口座開設をしないといけません。

 

口座開設自体は、
メールアドレスとパスワードの設定するだけなので簡単です。

 

しかしあくまでも仮登録状態というアカウントクラスであり
実際に取引を行うためには、

名前と住所を確認できる写真(本人確認書類)のアップロードを必要なので、
少し面倒に感じるかもしれません。

本人確認書類とは、
運転免許証、住基ネットカード、在籍カードなどです。

 

本人確認書類をアップロードし終えたら、Zaifの本登録はあらかた完了です。

 

この後本人確認コードの書かれている、
Zaifからのはがきが届きますので
届いたら、本人確認コードを入力すると晴れて取引機能が解除されます。

 

この本人確認コード、3営業日以内と書かれていますが、
かなり遅くなるケースも多々あるので、気長に待つことにしましょう(笑)

 

取引所に日本円が入金されましたら、
購入の手順を確認していきましょう。

 

FSCCの購入手順2.通貨ペアの選択

Zaifホームページへログイン後、
取引所というところをクリックします。

 

ログイン後に表示される画面の左側、
チャートの上方に書いてあるBTC/JPYという
プルダウンバーをクリックしましょう。

 

そうすると、『主要通貨』と出てくるので、
右側にかいてある『トークン』というところをクリックします。

その後、上のよう画面が現れます。

ちなみに左側は、日本円とトークンを交換するときで、
右側がビットコインとトークンを交換する二種類のペアが選べます。

 

 

今回は日本円とフィスココインを交換するので、
FSCC/JPYをクリックします。

(※ビットコインをお持ちの方は、もちろんそれでも問題ありませんが、後述の板をしっかりと確認されるようにしてくださいね!)

 

FSCCの購入手順3.トレードビューの確認

上記のようなチャード画面が出てきます。

その下には追って説明しますが、
売買注文を表す『板』と呼ばれているもの、

そして右上に、
フィスココインを実際に購入する際に必要な注文表があります。

 

 

赤い色と青い色の長方形をしたものが横に並んでいますが、
これをローソク線といいます。

赤い色のローソクは値を下げたもの。
青い色は値を上げたもの。と見てください。

  • 赤い色のろうそくの上辺を始値、底辺を終値
  • 青い色のろうそくは上辺を終値、底辺を始値

と呼ばれています。

赤と青いローソクでは、
始値と終値が逆になるので注意が必要です。

 

 

もう一つ、ローソク線をみるときに重要なところとして、
ローソクの上や下に長い線(ヒゲ)が引いてあるのが分かると思います。

  • 上の線のことを高値
  • 下の線のことを安値

といいます。

例えば8月31日の場合は、
始値は60円でしたが終値は45円前後で終わっています。

そして、
高値は76円前後まで上がりましたが、
下値は40円前後まで下がったことを示しています。

 

 

フィスココインに限らず、
仮想通貨や株を買うときは下に大きく振ったとき、
下がりきったのを確認して買うと良いです。

 

FSCCの購入手順4.板を確認する

次に板の読み方です。

売買注文をする際に見ないといけないのが、
売買注文という左側のものです。

これらは板と呼ばれ、
売気配と買気配が一目でわかるものです。

 

実際の注文において、
この板の気配値という中央の数値を見ながら買い値を決めていきます。

 

さて、どうでしょう・・・
表から見ると売気配数が圧倒的に強く、
買気配数は非常に弱いことがわかります。

このような状態だと、
売り手はたくさんいるけど買い手が少ないため、
売買成立できていない状態が続いています。

 

 

さらに実際に行われた売買結果は、
右の全取引履歴を見れば一目瞭然です。

なんといっても売りがわずか2件しか成立していません。

この状況においてフィスココインを買いたい場合は、
かなり早く売買成立するのではないでしょうか。

 

 

とはいえこの全取引履歴は、
長期でフィスココイン持とうとしている方にとっては、
あまり見る必要はないと思っています。

 

FSCCの購入手順5.買い注文を行う

最後に売買注文の入力方法です。

まず、1FSCCの価格というところに
フィスココインの価格を入力するか、

 

 

↓の赤で囲っている気配値の数値の部分をクリックすることで、
価格を自動的に入力してくれます。

指値の隣にある成行ですが、
これに設定すると、現在の1FSCCの価格で注文を出すことができます。

次に『買いたい量』というところを入力します。

数量のところに自分の欲しい分の量を入力すれば、
約定代金が自動的に現れます。

 

最後に『買い注文』をクリックして終了となります。

 

まとめ

先日発表された、中国のICO新規規制ならびに
中国大手取引所の取引停止発表や、

アメリカの銀行JPモルガンのCEOによる発言の影響で、
ビットコインは大きく値を下げています。

フィスココインもそのあおりを受け
大きく引きずられてしまっているように見えますね。

 

 

こういった比較的大きな価格下落というのは
かえって参入にはもってこいの状況ではあるのですが、

現在(2017年9月15日)仮想通貨全体がもみくちゃの状態にあり、
ここからフィスココインの価格が上がるか下がるか予測するのは難しいところです。

 

とはいえ、
そこは通貨の発行人が存在するトークンです。

 

フィスコが何かしらの発表をしたり、努力次第によって
フィスココインも大きく値を上げるくれるのではないでしょうか。

 

フィスココインを購入できるZaif取引所はコチラから!

– 無料メルマガ –
絶賛配信中!

仮想通貨やロボアドバイザー、ソーシャルレンディングに加え、評価経済や副業&財テクなど、複雑化する現代の『お金』。そんな人生100年時代の生き残りのヒントになるよう、編集部コラムやブログ&Youtube動画新着など無料で配信中!


 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です