その他アルトコイン

【買い方】TRON (トロン/通貨単位TRX)の買い方、購入手順を解説します

コインチェック事件などがありましたが、仮想通貨はまだまだ注目されています。仮想通貨はたくさんの種類があり、その中でも今注目されているTRONという通貨です。今回は、TRONの特徴や買い方などの解説をしていきます。

TRON とは?

TRONとは、2017年8月に公開された、比較的新しい仮想通貨になります。TRONの特徴は以下の点です。

  • TRONというプラットフォームで利用できる
  • 日本の取引所でも取引できる可能性がある
  • peiwoを導入している

TRONという仮想通貨は、TRONというプラットフォームで利用できる通貨になります。イメージとしては、ゲームや動画のコンテンツに利用できる通貨のようなイメージです。

また、日本で話題になった理由の1つとして、日本の取引所で取引できる可能性が出てきた点が挙げられます。2018年2月時点では日本の取引所では取引できませんが、日本で取引可能になれば更に注目を浴びるでしょう。

この点は正式に決定されているわけではなく、TRONを取り扱っている企業のCEOであるJustin Sun氏が、日本の取引所で取引できるように資料を用意している旨のツイートがされた段階です。

また、中国で1,000万人以上が利用する音楽のストーミングサービスである「peiwo」でTRONの導入が決定している点も、将来性に期待できる理由でしょう。

TRON 価格の推移

では次に、TRON 価格の推移を見ていきましょう。TRON の価格推移は、2017年9月から2018年1月までに以下のようになっています。

  • 2017年9月:0.002ドル
  • 2017年12月上旬:0.0047ドル
  • 2017年12月中旬:0.24ドル
  • 2018年1月:0.0047ドル

上記のように、一時期は120倍程度まで価格は上昇した点が特徴です。このような上昇に伴い、TRONは注目されていったというわけです。

TRONは時価総額(発行枚数×通貨価格)が約25億ドル(約2,750億円)で、仮想通貨の中で14位(2018年2月時点)にランクインしています。まだできたばかりの通貨なので、この点からどれほどの注目度かが分かると思います。

TRONが買える取引所

さて、そんなTRONが購入できる取引所は、BINANCE(バイナンス)という海外取引所になります。バイナンスは海外取引所でも非常に有名で、日本にも多くのユーザーがいます。後ほど解説しますが、ユーザー登録が簡単にできるという点が、ユーザーが増えて言った大きな理由でしょう。

また、バイナンスとはじめとした海外取引所は、仮想通貨の取り扱い数が日本の取引所に比べて段違いに多いです。バイナンスでも150以上の通貨を取り扱っていますが、日本でもっとも多くの通貨を取り扱っているコインチェックでも、20~30種類になります。

 

TRONの買い方・購入手順

さて、前項で解説したバイナンスでTRONを購入するときには、以下のような手順になります。

  • 日本の取引所で口座をつくる
  • 日本の取引所でビットコインなどを取得
  • バイナンスにアカウント登録をする
  • 購入したビットコインなどをバイナンスへ送付する
  • 送付したビットコインなどでTRONを取得

バイナンスに限った話ではありませんが、海外取引所では基本的に日本円で取引できません。そのため、中国元やアメリカドルを持っていない限り、仮想通貨をバイナンスの口座に入金し、その仮想通貨でTRONを購入するという流れになります。

TRONを購入する仮想通貨はビットコインやイーサリアムなどがありますが、最初はビットコインが無難でしょう。その理由は「手数料」にありますが、この点は後ほど解説します。また、国内にある取引所であればどこでビットコインを取得しても良いですが、今回は大手であるビットフライヤーを例に解説します。

ちなみに、バイナンスのサイト画面は日本語に変換することが可能です。ただ、ちょくちょくサイトのメンテナンスなどが入ると日本語表記にならないこともあります。そのため、今回は英語の画面にて解説しますが、日本語表記になっても基本的な操作は変わりません。

ビットフライヤーで口座開設

まずは、ビットフライヤーのホームページへいきます。そうするとトップ画面に以下が出てくるので、ここに自分のメールアドレスを入力して「アカウント作成」ボタンを押します。


そうすると、自分のメールアドレス宛に自動返信がきます。その自動返信にビットフライヤーから「キーワード」が指定され、URLも一緒に送付されます。そのURLをクリックすると以下の画面になるので、そこに先ほどのキーワードを入力して「アカウント作成」をクリックします。

その次に、以下の画面に切り替わるので、それぞれの規約などを確認します。規約やプライバシーポリシーは、一度簡単に目を通しておくと良いでしょう。

その後、「bitFlyerをはじめる」をクリックすれば、ビットフライヤーの取引画面にいきます。ただ、個人情報の登録をしないとほぼ全ての取引が制限されるので、氏名や住所などの個人情報を登録しましょう。その後、ビットフライヤーが指定する証明書を送信すれば、口座開設は完了です。

ビットフライヤーの口座に入金開設

口座開設をしたら、次はビットフライヤーでビットコインを購入するために、日本円を入金します。その際の注意点は以下です。

  • 手数料がかかる
  • クイック入金は送付制限あり

まず、口座へ入金するときには入金手数料がかかります。クイック入金・銀行振り込み・コンビ二入金など、入金方法によって手数料額は異なるので、それぞれ確認しましょう。

また、クイック入金を選択すると、すぐに入金が反映されます。しかし、クイック入金をしたお金で買ったビットコインは、クイック入金後7日間は動かせません。そのため、すぐにバイナンスでトロンを購入したい場合には、クイック入金は避けたほうが良いでしょう。

ビットフライヤーでビットコインを購入

入金が終わったら、次にビットフライヤーでビットコインを購入します。ビットコインの購入方法は「ビットコイン取引所」と「ビットコイン販売所」がありますが、ビットコイン取引所で購入するようにしましょう。

なぜなら、ビットコイン販売所は「スプレッド」と呼ばれる手数料のようなものが高いからです。また、ビットコイン以外のアルトコインは、取引所ではなく販売所でしか売っていないことが多いです。そのため、上述したように最初はアルトコインではなくビットコインをすすめているというわけです。

話を戻します。以下のように「ビットコイン取引所」をクリックすると、ビットコインの注文状況が分かる板情報が出てきます。この板情報を見て、ビットコインの価格と枚数を決め、以下の画面に入力するという流れです。

入力が終われば「コインを買う」をクリックすれば、ビットコインの取得ができます。仮に、自分の買いたい金額に売り注文がなければ、一旦買い注文を出しておきます。

そうすると、自分の指定した金額に売り注文が出るまで待つことになりますが、逆にいうと売り注文が入らない限り、ビットコインを買うことができないということです。

バイナンスにアカウント登録

ビットフライヤーでビットコインを取得したら、次はバイナンスです。まずは、バイナンスでアカウント登録するために、バイナンスにログイン※しましょう。ログインしたら、以下の画面にメールやパスワードを入力すれば完了です。

注意点二段階認証をしておくことです。二段階認証とは、ログイン時や入出金時などにワンタイムパスワード(一時的なパスワード)がないと取引できない機能です。

つまり、パスワードが2つになる上に、2目のパスワードは一時的なものになるのでセキュリティ面は大きく強化されます。

二段階認証の設定画面はバイナンスのトップ画面すぐ下に表示される画面です。

 

ビットフライヤーからビットコインを移す

次に、ビットフライヤーで購入したビットコインを、バイナンス口座へ移します。まず、バイナンスへ入金するためのアドレスを知りましょう。アドレスとは、銀行にお金を預けるときの口座番号のようなものです。

バイナンスにログインして画面のトップバーにある「Funds」にカーソルを合わせます。そうすると以下の画面になるので、その中で「Balances」をクリックします。

そうすると、以下のような「通貨画面」が出てくるので、BTC(ビットコイン)を探し、「Desposit」をクリックします。以下の画面は、通貨ごとの入金アドレスがでてきます。ビットコイン以外の通貨を入金するときにも、以下の画面から該当の通貨を探すという流れです。

「Desposit」をクリックすると以下の画面になります。以下画面の黒塗りの箇所にある「アドレス」をコピーし、ビットフライヤーから送付するという流れです。

ビットフライヤーからビットコインを送付

つづいて、ビットフライヤーからバイナンスへ、ビットコインを送付します。まずは、ビットフライヤーのサイトにログインします。以下のように、サイドバーにある「入出金」をクリックして、「BTCご送付」を選択します。

そうするとアドレスの入力画面が出てくるので、先ほどコピーした、バイナンスへの送付アドレスを貼り付けます。アドレスは間違えないように気をつけましょう。

バイナンスでTRONを取得

そして、いよいよバイナンスでトロンを購入します。まず、先ほどビットフライヤーから送付したビットコインが、バイナンス口座に入金されたかを確認します。時間がかかる場合もあるので、入金されていなければ少々待ちましょう。

無事にバイナンスにビットコインの入金が反映されたら、バイナンスのTOP画面にある検索窓に「TRON」と入力します。そうすると、TRONのコインが表示されます。

後は、以下のように「Price=価格」「Amount=数量」を入力し、「Buy」のボタンをクリックすれば、無事にTRONの購入は完了となります。

 

 

まとめ

今回ご紹介した取引所はこちらになります。
bitFlyer(ビットコインの購入)
バイナンス(Wavesの購入)

バイナンスを利用してTRONを購入するのは簡単です。ビットフライヤーなどの国内取引所を介す必要はありますが、一度試してみると簡単さが分かると思います。また、バイナンスでどの通貨を購入するときも基本は同じ流れなので、一回やり方を覚えてしまえば、今後の取引も楽にできます。

お金エンターテイメント
コラム・新着記事をLINEでお届けします

仮想通貨やフィンテック案件の、独自企画や調査・実験報告などが中心のコラム・新着記事を、LINEにお届けしています。

友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です