Ethereum(イーサリアム/ETH) 仮想通貨

【仮想通貨】イーサリアムとトヨタの関係。提携?出資?それとも【トヨタ】

更新日:

仮想通貨イーサリアムと、トヨタ自動車の関係性を解説。

イーサリアムを語る際にたびたび出てくるトヨタ社。
その関係はいかに。

アルトコインの猛追

これまではビットコインの独走が続いてましたが、

アルトコインや、マイナーコイン(草コイン)の人気が急速に高まる中、
加えて2017年の8/1問題も抱えていることから、

現在のビットコインは
停滞が続いている状態にあります。

 

 

そんなときに、
価格を伸ばしてきた仮想通貨の急先鋒が
イーサリアム(通貨コード:ETH)です。

ビットコインにはないスマートコントラクト機能を備えるこのコインは
トヨタ(の関連会社)も熱い視線を向けているコインでもあります。

 

 

 

仮想通貨の第2位

イーサリアムは

ブロックチェーン技術と
スマートコントラクトを組み合わせた

自動化合意システムを実現する
仮想通貨です。

 

 

 

自動化合意システムというのは

これまでの契約手順から
監視者や立会人、保証人が必要なくなった

自販機のような合意システムを
ネットワーク上で実現することです。

 

※スマートコントラクトとは??

――中略

 

どういうことか?

 

恐らくまだ「何となくわかった気がする」だけだと思います。

実際「スマートコントラクト」は実験段階なので完璧ではありません。「ゆくゆくはこんな事もビットコインやブロックチェーンを使えばできますよ~」というお話です。

 

それを前提としたうえで実際にどういうことなのかもう少し詳しくご説明させていただきます。

 

まず、ビットコインや仮想通貨と呼ばれる貨幣は取引の記録が全てネットワーク上に記録されていきます。(ブロックチェーンと呼ばれる台帳に記録されている)

その書かれている取引の記録は「AさんからBさんに1万円送金された」というものです。

 

だから「スマートコントラクト」という技術は「AさんからBさんに1万円送金された」にプラスして「この送金が行われるのはBさんからAさんに財布が渡った時」という「契約」も書いてしまおう!

 

ということです。

 

ビットコインや仮想通貨の取引記録システムは「取引を執行するロボット」だと思ってください。

そのロボットに

「BさんからAさんに財布が渡った」ら「AさんからBさんに1万円送金して」

と命令(プログラミング)します。

 

ここで「Bさん→Aさんに財布が渡り」ます。するとロボットは自動的に「AさんがBさんに1万円を渡し」ます。さらにそのロボットの動いた記録が全てデータとして残り改ざん不可能なものになります。

 

この「自動的な契約執行」+「契約成立前と後の改ざん不可能」・・・これが「スマートコントラクト」です!

 

従来の契約では「人間が不正を監視する」ものでしたが

スマートコントラクトは「ロボットが強制的に契約を履行し、管理する」ということです!

引用:とってもやさしいビットコイン/スマートコントラクトとは

 

通貨の取引をブロックチェーンに記録するのではなく

通貨を通じた契約そのものを記録、
自動化して承認を行うのがスマートコントラクトなんですね。

 

人気の仮想通貨が抱える問題点

時価総額の高い通貨通貨というのは
それだけブロックチェーンの記帳が多い分、
ネットワークの遅延が発生する問題に直面します。

 

 

以前に起きたDAO(ハッキング)問題に際して
イーサリアムはすでに何度かのハードフォーク(アップデート)を実施しており
イーサリアム・クラシックといった通貨を生み出すことになりましたが、

一方のビットコインは
現在もこのトランザクション、スケーラビリティ問題に直面しており、

2017年の8/1における通貨分裂への恐れから
ビットコインユーザーが
イーサリアムへ移る現象が起こっています。

 

 

 

 

イーサリアム企業連合にTOYOTAが仲間入り

イーサリアムの持つブロックチェーン技術や
スマートコントラクトの幅広い活用を目指す企業連合に

三菱UFJフィナンシャル・グループが名乗りを上げたほか、
トヨタ自動車の子会社が参加を決定しました。

トヨタは
イーサリアムのブロックチェーンとスマートコントラクトを
自動運転車やその他の技術開発で利用できるよう研究するとのことです。

 

 

なぜビットコインではなく、イーサリアムなのでしょう。

何はともあれ、
元ソフトバンクグループのSBIもそうですし
GoogleやMicrosoftが多額の資金を出資したように

 

世界の名だたる企業が
仮想通貨に手を伸ばし始めた時代となりました。

 

 

 

ゼネラル・モータースの牙城は崩せるか?

8/1にビットコインがどう転ぶのか

イーサリアムユーザーだけでなく、
すべてのアルトコインユーザーが
現在注目(戦々恐々?)しているポイントではないでしょうか?

 

 

 

場合によっては、

ビットコインから
第二の基軸通貨となりつつあるイーサリアムへ大量のコインを移行する人も現れ、

他のアルトコインも必然的に巻き込まれるカタチとなってしまうのは、
すでに明白だと思います。

 

 

ともあれ、
すべての仮想通貨は
ビットコインの値動きに逆らうことができない現状です。

仮想通貨はバブルで終わってしまうのか、
それとも未来の主軸通貨として発展してゆくのか。

 

 

杞憂であればよいのですが、
イーサリアムも含め
仮想通貨全体を揺るがす出来事が、

もうそこに迫っているのかもしれません。

ブログ更新通知を受け取る

↓仮想通貨-ビットコイン投資で稼ぐ人のメールマガジン↓

メルマガ@マネオラ

『ブログ更新通知』と、ほぼ毎日『仮想通貨投資コラム』を配信中。まだ億れてはいませんが、参考にはなると思います。


 

↑送信後に確認メールが飛びますので、認証URLをクリックして登録完了です。

マネオラ編集の注目案件

 当ブログの運営者が注目している、仮想通貨・フィンテック投資案件をピックアップ

Zaif(自動積立が◯)

素人の売買はプロの養分。そんな心配を無くしてくれる、仮想通貨の自動買い付け・定期積立がすばらしい!最安&国内大手でNEMを買うならココ。運営会社のテックビューロは、日本でもっとも資金を調達したICO、COMSAの運営元でもある。

Changelly(仮想通貨の一括両替サービス)

ビットコイン→イーサリアム、リップル→NEO、DASH→BATなど、マニアックなアルトコインも対応の一括両替サービス。コインチェックよりも格安&簡単に通貨種を変えれます。

コインチェック(取引高日本一の取引所)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyerを抜いて取引高日本一になった大手取引所。ビットコインやイーサリアム、NEMなど有名通貨はもちろん、国内大手ではここだけの、Lisk・Monero・Zcash・DASHなど、全13種の厳選通貨を売買できます。(口座開設&維持は無料)

bitFlyer(国内3大取引所のひとつ)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最安&国内大手でビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ買うなら筆頭候補。業界初TVCMを放映した日本を代表する取引所。(口座開設&維持は無料)

モッピー(ビットコイン無料入手ポイントサイト)

モッピー!お金がたまるポイントサイト

東証一部上場企業が運営する、ビットコインを無料で入手できるポイントサイト。コインチェック&bitFlyerと日本の二大取引所で、ビットコインをゲット。

maneo(大手ソーシャルレンディング)

仮想通貨に疲れたら、放置で楽ちん年利5〜8%を狙う、ソーシャルレンディングのリーディングカンパニー。うちのブログに名前が似てますが、maneoさんは実績9年の大先輩。わたしも35万円ほど運用中。2〜3万円と少額からトライできます。

-Ethereum(イーサリアム/ETH), 仮想通貨

Copyright© Maneora , 2017 All Rights Reserved.