仮想通貨

仮想通貨の『burn』とは?投資家にとってどういった影響があるのか調べました

更新日:

短期的に稼ぐ材料のひとつとしてburnがありますね!

burnは投機で稼ぐネタとしてとても重要な材料のひとつです。

 

 

 

今回はそのburnの影響について紹介していきます!

 

 

burnとは?

そもそもburnとはなんなのでしょうか?

 

仮想通貨で言うburnとは
既に発行されている通貨の何割かを使えないようにすることで
強制的に発行総数を減らして希少価値を上げることをいいます。

総発行数が減ることで、流通する通貨が少なくなるわけですから
その通貨に一定以上の価値(取引するに値する価値を保有)があれば
当然少なくなった通貨を取り合うことになるので
高騰するというわけです。

 

burnによって減らされる通貨の枚数は通貨によって異なりますが
通貨によってはいっきに発行総数の8割以上をburnすることもあります。

 

個人で保有している通貨が減るのか?

おそらく疑問を持つ方もいるでしょうが
そうではありません。

減るのは運営側が保有するコインであり
運営以外、つまりマイナーやトレーダーの所持数には
何も影響はありません。

発行総数が減っても自分が保有する通貨の枚数は変わらないので
実質的に保有している通貨の価値が上がります。

 

burnで高騰したアルトコインたち

ALIS

国産仮想通貨としてとても超有名...
とまではまだいきませんが
注目されている仮想通貨です。

そんなALISですが、ICOで売れ残ったトークン全てをburnするという判断をし、2017年11月17日に実行されました。

ALISはもともと5億枚が発行されてましたが、今回のburnで7500万枚まで減らすという驚くべきburnを実行しました。

割合にして8割以上であり、この材料だけで認知度が上がるというかなり良い結果が出ました。

ALISはもともとポテンシャルが高かったため、なかなか大荒れのチャートになりました。

burnの3日前である14日ぐらいから相場が大変なことになっており、burn当日である17日まで何度も高値を更新しようとする結果になりました。

特にburn当日ですが、今までのburn傾向だとburn当日はジリ下げ、もしくは暴落が起きるのですが、ALISの場合は暴落して即暴騰するという驚かされる結果になりました。

その後は他のアルトコインと同じようにビットコイン建てではジリ下げしていますが、そのジリ下げは弱くフィアット建ては上昇しており、まだまだ期待できる通貨の一つですね。

EMC2

EMC2のburnは強烈な結果になりました。

 

EMC2のburnは2017年12月9日に実行されましたが、過去のほかの通貨のburnを含めてもとんでもない結果になっています。

二度のburn延期もあり、しばらくは1000satoshi付近をウロウロしていましたが、11月14日に初動と見える高騰がありました。

その後の高騰が異常だったのでチャートでは全然高騰しているように見えませんが前日比プラス50%以上になっています。

そして11月27日からさらに高騰し始めて12月6日には20000satoshiを超えるという結果になり、burn前と比べて20倍以上になりました。

私は二度のburn延期で期待していなかった関係でポジションを取っていなかったのがとても悔しかったです(笑)

 

TRIG

TRIGは少し前になりますが、2017年9月16日にburnが実施されました。
例のごとくburnに近づくと倍以上に高騰しました。

TRIGのburnは2017年9月1日ぐらいにコミュニティ内で発表されたらしく、初動の時点で価格が4倍近くまで高騰していました。

初動で高騰したあとも大して価格を下げずに維持しており、第二波第三波でも上がった底値を維持したまま、burn3~4日前ぐらいになると、さらに高騰し、burn発表前と比較して10倍以上になっています。

ALIS、EMC2、TRIGのどれを見てもエグいといってもいいくらい高騰していて現状狙わない理由は全くないですね!

 

burnの初動に乗るのは危険

一時情報をいち早くつかめずに、高騰したあとで気づいた場合
一度見送りましょう。

我慢できない人でも最低1日は待ちましょう!

burnの初動は基本的にburnするということが発表された時であり
高騰するのにかかる時間は一瞬です。

大抵はものすごい高騰を見せたあとに少し下落し
ビットコインの急騰など予想外の外因がない限り
高値から少し価格を下げたところで維持しますが
狙うとしたらその時を狙いましょう。

過去の例を見ると初動で高値掴みしても
焦ることは何もないですが
どうせなら冷静に対処して
少しでも下がったところを狙うと美味しいですよ。

 

ここでburnの初動をいち早くつかもうとする
人もいるかもしれませんが、非現実的です。

というのもburnなどの材料の一次情報は
SlackやTelegramなどのコミュニティ内で
サラっと言われることが多いので、一人ではほぼ不可能です。

 

できたとすればお気に入りの通貨の情報を
ひたすら監視することぐらいでしょう。

 

しかもその通貨はburnするかもしれないものなのか
そして起きている時間に発表されるのかということを考えると
初動に乗ることは諦めたほうがいいでしょう。

 

 

ALISやEMC2、TRIGを見ても高騰しているのは
一回だけではありませんのでチャンスがまた訪れる可能性は高いです。

 

今後のburnは?

burnというのは絶対起きるものではないので
頻度は高くありませんが
今のところburnの予定がある通貨はいくつかあります。

  • MEDI
  • POLL

現状私が把握できているのはこの二つのあるとコインですね。
マイナー通貨なのでほぼ全員知らないと思いますが
興味があれば調べてみてもいいかもしれませんね!

 

ブログ更新通知を受け取る(無料)

↓仮想通貨-ビットコイン投資で稼ぐ人のメールマガジン(無料版)↓

メルマガ@マネオラ

『ブログ更新通知』と、ほぼ毎日『仮想通貨投資コラム』を配信中。まだ億れてはいませんが、参考になるかもならないかも


 

↑送信後に確認メールが飛びますので、認証URLをクリックして登録完了です。

マネオラ編集の注目案件

 当ブログの運営者が注目している、仮想通貨・フィンテック投資案件をピックアップ

Zaif(NEM/MONA/COMSA等、人気銘柄+自動積立◎)

素人の売買はプロの養分。そんな心配を無くしてくれる、仮想通貨の自動買い付け・定期積立がすばらしい国内3大取引所のひとつ。日本円で最安&国内大手でNEM(XEM)・COMSA(CMS)を買うなら筆頭候補。運営会社のテックビューロは、日本でもっとも資金を調達したICO、COMSAの運営元でもある。

Bankera-バンクエラ(海外ICO/トークンセール)

【トークンセール開催中】既に配当報酬が配布されるなど、きちんと動いている感のあるICOの『Bankra-バンクエラ』。次世代銀行の出資者になって、配当イーサリアムをゲット。ICOブームは終わったと言われる中、堅調に参加者・資金を集めています。

Changelly(仮想通貨の一括両替サービス)

ビットコイン→イーサリアム、リップル→NEO、DASH→BATなど、マニアックなアルトコインも対応の一括両替サービス。コインチェックよりも格安&簡単に通貨種を変えれます。

コインチェック(国内3大取引所、アプリ利用者数No1)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyerを抜いて取引高日本一になった大手取引所。ビットコインやイーサリアム、NEMなど有名通貨はもちろん、国内大手ではここだけの、Lisk・Monero・Zcash・DASHなど、全13種の厳選通貨を売買できます。(口座開設&維持は無料)

bitFlyer(国内3大取引所、取引高No1)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最安&国内大手でビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ買うなら筆頭候補。業界初TVCMを放映した日本を代表する取引所。(口座開設&維持は無料)

モッピー(ビットコイン無料入手ポイントサイト)

モッピー!お金がたまるポイントサイト

東証一部上場企業が運営する、ビットコインを無料で入手できるポイントサイト。コインチェック&bitFlyerと日本の二大取引所で、ビットコインをゲット。

maneo(大手ソーシャルレンディング)

仮想通貨に疲れたら、放置で楽ちん年利5〜8%を狙う、ソーシャルレンディングのリーディングカンパニー。うちのブログに名前が似てますが、maneoさんは実績9年の大先輩。わたしも35万円ほど運用中。2〜3万円と少額からトライできます。

-仮想通貨

Copyright© Maneora , 2018 All Rights Reserved.