coincheck(コインチェック)

【解説】コインチェックに、ペイジーで入金する手順&他入金方法との違い

投稿日:

ペイジー入金というサービスをご存知でしょうか?

コインチェックでは、ペイジー入金という方法を使うことで
「いつでも」「どこでも」日本円をアカウント(口座)に入金することができます。

すごく便利なサービスだと思いませんか!?

この記事では、そんなコインチェックのペイジー入金について
解説いたします!

ペイジーとは

ペイジー(Pay-easy)とは
金融機関やコンビニの窓口で支払っていた
各種料金(公共料金・スマホ料金・税金など)
パソコンやスマホやATMで支払うことができるサービスです。

 

ペイジーは、24時間365日使用することができ
夜中や休日の急な支払いなどにも対応することができます!

インターネットバンキングを使用する場合は
あらかじめ各金融機関に登録をしましょう。

 

また、
コンビニ・ペイジー対応ATMの支払いは
10万円が上限となっています。

コインチェックに、ペイジーで入金する手順

この章では、コインチェック
ペイジーで入金する手順を3つに分けて説明します!

手順1.本人確認、SMS認証

ペイジー支払いには
本人確認認証とSMS(電話番号)認証を
済ませておく必要があります。

 

自分のアカウントが認証できているかどうかは
「ホーム→設定→本人確認認証」と
「ホーム→設定→電話番号認証」
で確認しましょう。

 

それぞれの認証が上の画像のようなステータスになっていれば、問題ありません。

もし、
まだ本人確認・SMS認証が済んでいない方は、
画面の指示に従い、設定しましょう。

 

手順2.入金情報の入力、決済申請

本人確認・SMS認証が済んだら、
「ホーム→日本円/USドルを入金する→クイック入金」と進みましょう。

そして、
必要な情報を記入します。

すると、
手数料が自動で計算され、合計金額が表示されます。

内容に問題がなければ
決済申請ボタンを押して次に進みます。

 

手順3.決済番号の取得、入金

決済申請をすると、

  • お支払い金額
  • 収納機関番号
  • お客様番号
  • 確認番号

が表示されます。

 

支払いの際に必要となるので、
必ず控えるなり写真を撮るなりしきましょう。

 

 

また、
同時に表示されるペイジーの支払い詳細情報も確認することができます。

 

以上が
コインチェックにペイジーで入金する手順でした!

思っていたよりもわかりやすかったですか?
手順を順番に一つ一つ行っていければ、間違えることは少ないでしょう。

他の入金方法との違い

コインチェックの入金方法を比較してみました!

銀行振込 海外からの入金 コンビニ入金 ペイジー入金
入金方法 銀行・ATM 銀行・ATM コンビニ端末・レジ ATM・PC・スマホ
利用時間 営業時間 営業時間 24時間・365日 24時間・365日
手数料 振込手数料 25 USドル 最低手数料:756円
10万円〜:1,000円
100万円〜:1,566円
最低手数料:756円
10万円〜:1,000円
100万円〜:1,566円
最低金額 特になし 特になし 3,000円〜 3,000円〜

銀行振込・海外からの入金とペイジー入金の大きな違いは、3つあります。

入金方法の違い

銀行振込・海外からの入金は
銀行やATMに出かける必要がありますが
ペイジー入金を使えば
PC・スマホから入金をすることができます。

 

どこにいても入金できるという特徴は
ペイジー入金の大きな強みでしょう。

 

利用時間の違い

銀行振込・海外からの入金は
銀行の営業時間に制限されますが
ペイジー入金は、24時間365日入金に対応しています。

 

仮想通貨の取引をしていて
「すぐに投資資金が必要!」という状況は
数多くあると思います!

そのため、
いつでも入金に対応していることは、とっても便利ですよね。

手数料と最低入金金額の違い

銀行振込は、
それぞれの銀行によって異なりますが
営業時間内であれば、
ペイジー入金よりも安いでしょう。

 

一方、海外からの入金は、
25USドルと3,000円弱の手数料がかかってしまうので
よっぽどのことがない限りは、利用しない方が賢明。

 

また、
両者は、特に最低入金金額はありませんが
ペイジー入金は3,000円以上となっています。

 

コンビニ入金とペイジー入金は大きな違いはないように見えますが
やはりコンビニ入金がコンビニのレジで支払いをしなくてはならないことに対して
ペイジー入金はPCやスマホから支払いが行えるという違いは大きいです。

 

このように、
ペイジー入金は手数料という面では、
やや高めですが

「いつでも」「どこでも」入金ができる

という点において
他の入金方法よりも優れていて
利便性が高いサービスだといえるでしょう。

まとめ

この記事ではここまで、ペイジー入金についてご紹介してきました。

「そもそもペイジーとは?」というところから
コインチェックで、ペイジー入金を行う
具体的な手順、他の入金方法との違いについて
画像を使いながら、わかりやすく説明しました。

 

ペイジー入金は「いつでも」「どこでも」入金することができる、非常に便利なサービスです。
ぜひ、この記事を参考にして、ペイジー入金を使いこなしてみてくださいね。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コインチェック公式サイトへ

ブログ更新通知を受け取る

↓仮想通貨-ビットコイン投資で稼ぐ人のメールマガジン↓

メルマガ@マネオラ

『ブログ更新通知』と、ほぼ毎日『仮想通貨投資コラム』を配信中。まだ億れてはいませんが、参考にはなると思います。


 

↑送信後に確認メールが飛びますので、認証URLをクリックして登録完了です。

マネオラ編集の注目案件

 当ブログの運営者が注目している、仮想通貨・フィンテック投資案件をピックアップ

Zaif(自動積立が◯)

素人の売買はプロの養分。そんな心配を無くしてくれる、仮想通貨の自動買い付け・定期積立がすばらしい!最安&国内大手でNEMを買うならココ。運営会社のテックビューロは、日本でもっとも資金を調達したICO、COMSAの運営元でもある。

Changelly(仮想通貨の一括両替サービス)

ビットコイン→イーサリアム、リップル→NEO、DASH→BATなど、マニアックなアルトコインも対応の一括両替サービス。コインチェックよりも格安&簡単に通貨種を変えれます。

コインチェック(取引高日本一の取引所)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyerを抜いて取引高日本一になった大手取引所。ビットコインやイーサリアム、NEMなど有名通貨はもちろん、国内大手ではここだけの、Lisk・Monero・Zcash・DASHなど、全13種の厳選通貨を売買できます。(口座開設&維持は無料)

bitFlyer(国内3大取引所のひとつ)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最安&国内大手でビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ買うなら筆頭候補。業界初TVCMを放映した日本を代表する取引所。(口座開設&維持は無料)

モッピー(ビットコイン無料入手ポイントサイト)

モッピー!お金がたまるポイントサイト

東証一部上場企業が運営する、ビットコインを無料で入手できるポイントサイト。コインチェック&bitFlyerと日本の二大取引所で、ビットコインをゲット。

maneo(大手ソーシャルレンディング)

仮想通貨に疲れたら、放置で楽ちん年利5〜8%を狙う、ソーシャルレンディングのリーディングカンパニー。うちのブログに名前が似てますが、maneoさんは実績9年の大先輩。わたしも35万円ほど運用中。2〜3万円と少額からトライできます。

-coincheck(コインチェック)

Copyright© Maneora , 2017 All Rights Reserved.