Bitcoin(ビットコイン/BTC)

【海外通貨】コインチェックて送金口座として使えるの?

コインチェックに登録したからと
コインチェックで取引しなければいけないという決まりはありません。
送金方法を覚えてコインチェックを海外で戦うための基地として利用してみましょう。

いざ世界へ


OmniやDigibyte
Bitshare、siacoin
GameCredit、BasicAttentionToken(BAT)
VALU投資(コチラは国内サービス)・・・

某掲示板や取引所のチャットを眺めたりしていると、
ビットコイン以外の聞いたことのないようなコインやサービスの名前を耳にすることがあります。

 

調べてみると

国内の仮想通貨取引所では販売していないらしい・・・

どうやら海外の取引所で販売しているだとかで、
もうお手上げになりそうになるかもしれませんが
そこまで分かればもう目の前です。

 

 

今回は
国内の仮想通貨取引所であるcoincheck(コインチェック)を
仮想通貨の基地として利用する方法を考えてみようと思います。

 

 

 

 

海外取引所で国内取引所?

海外取引所に販売しているコインを購入するのに
どうして国内取引所を利用する必要があるのでしょう?

 

それは
仮想通貨の世界で標準通貨として用いられているビットコインを入手するためなのです

 

極端な言い方をすれば
明日からヨーロッパに行きたいので今のうちに日本でユーロを買っておくような感覚でしょうか。

仮想通貨の世界はまだまだ未熟なので、
ヨーロッパに行ってからユーロを手に入れようにも日本円の両替所が存在しないのです。

 

というわけで
海外で販売しているコインを手に入れるためには
世界で使えるビットコインを先に日本で仕入れておき、
それを海外の取引所に送金して購入する方法が現在の日本での主流となっています。

 

 

 

 

ビットコインってホントに海外で使えるの?

海外取引所で2大と呼ばれるPoloniexとBITTREXでは
いずれもビットコインを使用して
いろいろなコインを購入することが可能です。

 

世界のほぼすべての取引所には
口座(ウォレット)が用意されているので
アカウントを作成さえしておけば
日本から送金したビットコインを受け止めることが可能です。

 

海外送金と聞くとべらぼうに高そうな手数料
ビットコイン購入でだいたい0.5%(coincheck平常時のスプレッド)に、
取引所での送金手数料(coincheckでは0.0005BTC固定=150円程度)と

 

10000円をビットコインに両替して
海外取引所に送金してもわずか200円くらいで済む計算なのです。
※相場の荒れ具合によってビットコイン購入手数料は変動しますのでご注意ください

 

 

↑上ふたつは同時期の販売表示価格購入価格の差です
相場が荒れていないときは0.5%ほどの手数料でビットコインを購入できます。

 

 

 

↑こちらがコインチェックの送金手数料
国内だろうが海外だろうがおよそ150円固定です

 

また
円やドルといった実際のお金の国際間送金には1週間と時間を要しますが
ビットコインの送金であれば30分~1時間(トランザクションによって増加することもありますが)もあれば済みます。

 

 

 

 

どうやって海外送金すればいいの?

国内取引所でビットコインを買ったはいいものの
つまづいてしまうのが海外への送金の方法です。

 

 

海外取引所ということで
どうしても英語との対面は避けられません

しかしPoloniexやBITTREXといった有名どころであれば
日本語のアカウント作成・送金記事がたくさん執筆されています。

あわせて読みたい
【海外取引所】Poloniex(ポロニエックス)のアカウント登録・口座開設方法海外取引所では超メジャーである Poloniex(ポロニエックス)の アカウント登録を ざざっとまとめてみました。 ...
あわせて読みたい
【海外取引所】BITTREXのアカウント登録・口座開設方法BITTREX(ビットレックス)の、アカウント登録方法を整理してご紹介します。 コインチェックやPOLONIEXにない、マ...

 

 

アカウントを作成できれば、
海外取引所側でビットコインの受け取りアドレスを生成します。

今回はPoloniexを例にしますが、
Deposit(預け入れ)なる単語を発見すれば
他の取引所も変わりません。

 

BARANCESのDEPOSIT & WITHDARAWALSを選択し

ずらっとコインが列挙されるのでBTCでソートをかけます
出てきたBTCのDepositをクリック

これでアドレスを生成します
不安な方はgoogle翻訳あたりを開いておくと良いかもしれません

生成されたアドレスをマウスドラッグ選択→コピー(Ctrl + C)します

続きましてご利用の取引所のページへ。
今回はcoincheck(コインチェック)を利用します。

先ほどコピーしたアドレスを
送金アドレスの入力欄にペースト(Ctrl + V)します。

ラベルはその名の通り、送信元を知らせるための『名札』です。
分かりやすい半角文字列を入力しておきましょう。

送金アドレスが登録されれば
あとは送りたい金額を入力して送金するだけなのですが、

初回登録のアドレスで送金する際は必ず小額でテスト送金するよう心がけてください

約150円無駄にかかりますが、全財産を失うリスクに比べれば安いものです。

 

 

Poloniex側でBTCを受け取ることができれば送金完了です。
この手順はBITTREXや他の海外取引所でもほとんど変わりません。

意外に簡単だと思いませんか?

 

 

 

海外に関わらず、コインの送金方法さえ覚えておけば
国内取引所のお引越しの際や
ハードウェアウォレットへコインを保管するときもスムーズに進めることができます。

ぜひトライしてみてくださいね!

あわせて読みたい
【注意点】BITTREX(ビットレックス)の、危険性・デメリット・リスクまとめを5つのポイントで海外の仮想通貨取引所、BITTREX(ビットレックス)の注意点について整理します。 投資判断にお役立てください。 ※2017/0...
あわせて読みたい
【徹底解説】VALUの買い方・購入方法・投資の始め方を、5ステップでわかりやすく解説します!話題のVALU投資。買う流れ・購入方法・投資のはじめ方を、 実際に買った立場から解説レポートさせて頂きます! ユーザーが...
– 無料メルマガ –
絶賛配信中!

仮想通貨やロボアドバイザー、ソーシャルレンディングに加え、評価経済や副業&財テクなど、複雑化する現代の『お金』。そんな人生100年時代の生き残りのヒントになるよう、編集部コラムやブログ&Youtube動画新着など無料で配信中!


 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です