Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ/BCH)

【ビットコイン】ビットコインとビットコインキャッシュの違いを調べてみた

8月1日のビットコイン分裂によって、従来のビットコインとは新たにビットコインキャッシュなるコインが誕生しました。分裂するということは、二つの間に相違があったのかもしれません。その違いを調べてみました。

ビットコインとビットコインキャッシュの違いとは?

独断と偏見だらけなので、
興味をお持ちになった方はいろんな方の意見を参考にされることをオススメします!

なぜビットコインキャッシュが生まれたのか?

2017年、
仮想通貨元年より急増したビットコインユーザーの取引によって、
次第にトランザクション(取引処理)の遅延や
手数料の高騰が指摘されるようになりました。

 

ビットコイン開発側でもこの件に関しては想定済みであり
データの分散・圧縮というしかるべき対策がなされるよう、すでにアップデートが決定されていたのですが、
一部の仕様変更に対し中国の大手マイナー勢(業者)が反発をします。

 

その後も紆余曲折あり、
結果、中国マイナー勢の意思をビットコインに組み込んだ
ビットコインキャッシュ(BCH)が爆誕することとなりました。

ふたつの違いは?

ビットコインキャッシュは
基本的にビットコインの設計を持って分裂をしたコインなので
一見すると、大きな違いは無いように思えます。

 

まず異なる点といえば
ブロックと呼ばれる取引データ格納庫のサイズです。

 

ビットコインが1Mで
この現在圧迫した格納データを分散・圧縮することにより
従来の2~4倍のデータを格納できるよう改良されます。

 

これに対してビットコインキャッシュは
ビットコインの1Mに対して、
最大8Mまでデータが格納できるように設計されています。

 

その他、
ビットコインは暗号通貨であることに対し

ビットコインキャッシュは
決済システムを見据えている点に違いもあります。

 

もっとも大きな違いといえば
思想の違いでしょうか?

 

ビットコインは
COREと呼ばれるビットコイン思想に基づいた開発者たちによって
開発されてきた歴史があります。

つまりそれに異を唱える、
マイナーといういわば業者によって生み出されたコインが
(儲けは別にして)どういう意味を持つのか、
多くの人が察するところではないでしょうか。

それでもビットコインの分身

8/4現在、
8/1分裂騒ぎによる話題性や
一定量が配布されたことから、
予想に反してそれなりに取引されています。

 

マイナー参加者がまだまだ少なく
トランザクション(取引処理)の詰まり等が指摘されていますが、
これからどうなるかまだまだ分からないコインですね。

 

ビットコインから離反し
ビットコインと一部に銘打たれたコインですが、
『お互いに関与しない』という取り決めもすでに交わされています。

つまりビットコインキャッシュは
他のアルトコインと同じく、
ビットコインとはまったく別のコインだということに注意すべきでしょう。

 

もちろん
コインの持つ思想と投機は別問題、という方にとっては

マイナー不足の課題をにらみつつ
今後の値動きに注目すべきコインの一種でもあることに間違いはありません。

 

まとめ

ビットコインから分裂したビットコインキャッシュですが、

あまりビットコインという言葉に引き引きずられず

(今のところ)取引処理に難アリのアルトコインが生まれた

くらいの感覚で様子見をするのが良いかもしれませんね。

 

 

BCH配布対象のビットコインユーザーにとっては、

これから配布されるBCHをどう扱うかがキモになってきそうですね!

 

あわせて読みたい
【買い方】ビットコインキャッシュ(BCH)の買い方・購入方法、安く買える取引所を調べてみた2017年8月1日のビットコイン分裂によって、新たな仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)が誕生しました。各取引所の対応も予想していた...
あわせて読みたい
VALUの仕組みを、わかりやすく解説してみます!サービスイン(まだベータではありますが)から好調なスタートを切った個人投資システム『VALU』。仮想通貨を利用することで実現できた画期的...
– 無料メルマガ –
絶賛配信中!

仮想通貨やロボアドバイザー、ソーシャルレンディングに加え、評価経済や副業&財テクなど、複雑化する現代の『お金』。そんな人生100年時代の生き残りのヒントになるよう、編集部コラムやブログ&Youtube動画新着など無料で配信中!


 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です