仮想通貨

【無料でもらえる】おすすめの仮想通貨Airdropまとめ

今回は、無料で仮想通貨を入手することが出来る、「Airdrop(エアドロップ)」についてご紹介します。
Airdropで入手した通貨が数か月後に〇万円になった。ということもよくありますので是非入手しておきましょう!

Airdrop(エアドロップ)とは?

はじめにAirdropについて簡単に説明しますね。
Airdropとは冒頭でも記述した通り「無料で仮想通貨を入手する事が出来る仕組み」です。

これだけだと、Airdropを行う側にメリットがないように見えて少し怪しいですよね…
ただ、そんなことはありません。

Airdropの全体図としては下記の様な流れになっているのです。

  1. Airdropを行う。
  2. 通貨を所持する人が増え関心が高まり、同時に知名度も高まる。
  3. 結果的に宣伝効果につながりWin-Winな状況が生まれる。

無料で入手することが出来るとはいえ双方にとって利益がある仕組みが「Airdrop」なのです。

さて、Airdropについて理解が深まったところで
現在Airdropを行っているおすすめの通貨をご紹介します。

AirDrop予定の仮想通貨一覧

  • Aelf
  • CCRB
  • EBCoin
  • EDUCOIN
  • GSC
  • IOS
  • SoC

Aelf

通貨の特徴

ブロックチェーンのクラウド化を実現して、
誰でも簡単にブロックチェーンを利用することが出来ることを目的としています。

最近は、ホームページやアプリがプログラミング言語を知らない方でも、
作成出来るようになりましたが、そのブロックチェーン版のようなイメージでしょうか。

専門的な知識はないけれど、ブロックチェーンに興味がある方にも良いかもしれません。

購入可能な取引所

Binance,Huobi,Bitfinex,OKEx,Gate.io,Bibox,BigONE,BCEX

CCRB

通貨の特徴

2015年に開発され主に米国で広まっているようなのですが、
特定のショッピングサイト、お店でCCRBを使用して支払いをすると一定額の割引が得られます。

また、独自プロトコルを開発しており開発にも力を入れています。

今後日本で流行するかはわかりませんが、
現在取引所に上場もしていますし入手しておいて損はないですよ。

取引所

LIVECOIN,C-Cex,MERCATOX,BTCAlpha,BITTYLICIOUS

EBCoin

通貨の特徴

旅行者向けの仮想通貨で、
税金還付手続きの手間を省くことを目的とし、現地通貨に代わる通貨としての利用が出来ます。

使い方は、スマホに「EBCウォレット」を入れてそのアプリでEBcoinを管理。
そして、空港のATMで使用することで税金の払い戻しをすぐに受ける事や現金分の通貨を得ることが出来るようです。

年々中国人を筆頭に旅行者は増加しているので、
今後、とても需要がある仕組みだと思いますよ!

EDUCOIN

通貨の特徴

教育の発展を目的として作成された仮想通貨です。

AI技術を使用して教育サービスをデジタル化し、
消費者のニーズに合った教育方法やカリキュラムを提案したり、
ブロックチェーン技術を使用して多くの人のデータを蓄積してかつ、改ざんも不可能にし厳重に管理します。

教育にAIやブロックチェーンを取り入れることにより
より快適に効率よく学習が出来る環境を整えようとしているようです。

ショッピングやWEBサービスの発展を目的とした仮想通貨は多くありますが、
「教育」という一つの目的にフォーカスしたものは珍しいですよね。今後に期待できるかも知れません。

GSC

通貨の特徴

こちらは東南アジアなどでは有名な、
既にサービス開始しているSNS上で利用が出来る通貨を配布しています。
複数のSNSを運営しているようで一部サービスの登録者はなんと1憶人を上回ります。

また、先日TRONとの戦略的パートナーシップを構築したとの発表があり、
TRONのCEOもアドバイザーを務めているので期待できるかも知れません。

実際にSNS上で利用するかどうかは置いておいて、
通貨の価値は上昇する見込みがありますので貰っておきましょう!

IOS

通貨の特徴

あらゆる種類のオンラインサービスプロバイダにとって、
堅固なインフラストラクチャを提供することを目的とした仮想通貨です。

要は企業が利用するネット回線のセキュリティを堅固なものにすることを目的としており、
それが実現すると利用者の我々も安全なシステムの利用が可能となるのです。

例えば、インターネットショッピングなどを頻繁に使用する方には関係してきますね。

購入可能な取引所

Binance,Huobi,OKEx

SoC

通貨の特徴

スポーツ(特にサッカー)をメインコンテンツとして、
ブロックチェーンを取り入れることにより、スポーツゲーム、アプリの開発やその他製品開発の発展を目的としています。

なお、既に2016年10月に「All Football」というサッカーのニュースアプリを開発し、
毎日200万人以上のユーザが使用しチャットを楽しんでいるようです。

ちなみに先日クリスティアーノ・ロナウドさんともお仕事していましたよ!
有名な選手と関りがあるという事で安心感もありますね。

購入可能な取引所

Huobi,OKEx

おわりに

Airdropをしている仮想通貨情報を紹介しましたが、いかがでしたか?
今のうちにコツコツと集めておくと数年後に大きな金額になっているかもしれませんね…!

お金エンターテイメント
コラム・新着記事をLINEでお届けします

仮想通貨やフィンテック案件の、独自企画や調査・実験報告などが中心のコラム・新着記事を、LINEにお届けしています。

友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です