公開運用@仮想通貨トレード100倍チャレンジ(10万円→1000万円)

【100倍チャレンジ[第5話]】仮想通貨が非常に宜しくない状況…

こんばんわ!
みなさんは仮想通貨トレードうまくいってるでしょうか?

私は…経過報告していきますよ!

アルトコイン全体が死滅状態

なんとかあるとトレードで攻めてみたものの、
アルトコイン全体が死滅してるといってもいいくらいマズイ状況で
ただただ資産を減らしただけでした。

いいネタもあったりしたのですが
延期になったりビットコインの値動きで
上がるはずの通貨が上がらなかったりしたおかげで
アルトコインはただただ価値が落ちていくだけでした。

仮想通貨から資金が抜けていき、ビットコインに集中していく状態

「仮想通貨から資金が抜けていき、ビットコインに集中していく状態」
これがどれだけアルトコインにとってまずい状況かわかりますよね。

ビットコインに集中するだけであれば
円建てではそこまで下がらないかもしれませんが
ビットコインからも抜けて行くとなると
ビットコインの価値も下がるので、アルトコインは恐ろしいほど値下がりします。

仮想通貨の出来高も異常な程落ち込み、新規の資金も入らない状況

これが一番最悪です。新規の資金が入らないため一向に仮想通貨の価値が上がらない
動いたとしても下がるだけという状況を作り出しています。

大きく値上がりする銘柄もいくつかありましたが
ほぼ全て仕手による意図的な価値の暴騰(pump)であろうものばかりで

まともに値動きしている銘柄はほとんどありませんでした。

上がったとしてもあまり上がらず
下がる前の価格に戻らないという状況です。

頑張って攻めてみたものの惨敗中

毎日のようにお金が抜けている現状では
アルト現物トレードだと損小利大ならぬ損大利小な状況です。

少し勝てるものもありましたが
それ以上にあっという間に値下がりしてしまうので上手く利益を出せず…

資金が抜ける要因はICOにもある

去年(2017年)の冬から今年1月にかけてICOブームがあったのを覚えてると思います。

このICOが原因で巨額の資金が抜けているのも理由の一つでしょう。

 

ICOにはETHやNEOで参加しますよね?

そのETHやNEOはその後どうなるか考えたことありますか?

 

簡単ですよね、プロダクトを動かすために現金化されます。

 

つまりICOで使われた金額は将来的に抜ける資金ということでもあります。

これはETHのチャートですが
びっくりするぐらい価格が落ち続けてますよね。

推測ではありますが
これまでICOで集まったETHを色んなところで現金化するために取引されているといえます。

将来性のあるプロジェクトのICOがあるなら今が狙い目だったり

きっともう仮想通貨は終わりだ…と思う人多いですよね。

私は逆です。

もし仮想通貨が終わったものだとしましょう。

その終わった仮想通貨に大手企業であるDMMなどが参入しようと思いますか?

少し考えればおかしいと思いますよね。

 

あえて多くは語らないでおきます。

つい最近非常に不自然な値動きがあった

つい最近というのは2018年3月7日の出来事です。

このチャートたちを見てください。

 

以上に不自然な暴落(下髭)が一瞬起きてますよね。
大口が一気に抜けていてかなりまずいとも言えます。

TRXに関しては日本円換算で4億円が一瞬で抜けましたからね。
この下髭は上記の銘柄だけでなく、他のいろんな銘柄で起きています。

普通は少しでも利益を大きくするために細かく売るのが普通のはずですが
保有分全て投げ売ったように見えるんですよね。

さすがにこれは危機感が強まりました。

 

トレードしたものを見てみよう

気を取り直して、私がトレードしたものでも見ていきましょうか。

結構攻めたかったので色々買っています。

Kucoinへの送金目的でNEOを購入

これまでずっとBinanceで取引していましたが
少し買いたいものがあったため、Kucoinに資金を送りました。

実はここでちょっとした小ネタですが
Binanceからの送金であればNEOは手数料無料で送金できちゃうんです。

しかも早いので、BTCやETHなどで送るよりもお得ですね。

短期狙いでASTを購入

短期狙いでASTを4165satで購入し、4450satで売却。

これは上手くトレードすることができました。

ADAを買い増しするが失敗

ネタが控えていたのでADAを買い増ししたのですが
そのネタがまさかの延期…

損するだけで終わるという…悲しいです。

BCHを買うが上手く上がらず

BCHに関する情報があったのでいくつか買ってみたものの、
結局上がることはなく地合いの悪さを懸念して損切り。

TRXとBTGを買うものの、大口離脱を懸念して即売却

「つい最近非常に不自然な値動きがあった」の日である3月7日で買った銘柄ですが
明らかにおかしかったのですぐに売却してBTCに退避しました。

TRXは近々情報が出るらしいことと
BTGは情報源の一つからシグナルが出ていたため買っていましたが、リスク回避のためBTCに退避という判断をしました。

KucoinではQLCを買うもKucoin銘柄全体が暴落

Kucoin銘柄は異常な程底が見えない状況です。

底かな?と思って買ったQLCは
買った翌日からいきなり下げ続けただただBTCを減らしただけでした。

Kucoin銘柄はとりあえず暴落する説そろそろどうにかならないでしょうか…

最後のネタを信じてKCSを少し購入

ことごとく仕入れた情報がダメになるくらい最悪な地合いですが
これまでの100倍チャレンジで書いてきたKCSを仕込みました。

ちゃんとburnをするのであれば
BTC建てで大きく値下がりすることはないはずということで仕込みました。

ちなみにKCSについてもっと知りたいって人はこちらの記事を読んでみてくださいね。

あわせて読みたい
【買い方】Kucoin Shares(KCS)の買い方、購入手順を解説します取引所が独自発行するトークンの一つであるKucoin Shares(KCS)は。 KCSを持っているだけで得られるメリットもありますが...

しばらくは様子見になりそう

正直言って2月よりも地合いが悪いように見えます。

私個人としては3月は地合いが回復していくと予想していましたが、完全に日本の取引所が足を引っ張っていますね。

情報終えてない方はせめて以下の記事を読んでおくといいでしょう。
そしてそれを感情抜きでしっかり読み取って日本の取引所の異常さを実感してください。

仮想通貨取引所のセキュリティ分析をまとめて実行するスクリプト作った

仮想通貨、複数の交換業者処分へ 金融庁

金融庁、日本居住者はICO購入不可と伝える

「盗難NEM、Zaifに大量流入」にZaifがコメント 「情報を公開すると、捜査を阻害する」

bitFlyerのFX乖離縮小システムのSFDが逆手に取られてギャンブル相場に

 

当然情報はこれらだけではありませんが
これを読んで日本の主要取引所に対して危機感を持てない人は危険です。

 

大口離脱で非常にまずい状況であることが
明確になってきたので資金の殆どを一度BTCに変えて待機中です。

最悪の場合、今月いっぱい何もできないってことも考えられそうです。

 

本当は来て欲しい仮想通貨の春ですが、まだまだ仮想通貨に春はこなさそうです。

現在の運用状況

現在のポートフォリオは以下のとおりです。

日本円換算(1BTC1,107,519円時点):72,638円

Bitcoin:0.05774732 BTC
Kucoin Shares:24.95 KCS

正直なところ現物トレードで利益出すには
仕手の情報をいち早く掴むかインサイダー情報入手するかの二択という
グレーというよりブラックな方法しかまともに機能してません。

悲しい話です。

 

新規の資金が流入してくるようになれば話は別ですが
今はそれがないので
既存ユーザーによるパイの取り合いにしかなってないので
まともに勝つことは運要素がかなり強そうです。

以上、「【100倍チャレンジ[第5話]】仮想通貨が非常に宜しくない状況…」でした。

 

お金エンターテイメント
コラム・新着記事をLINEでお届けします

仮想通貨やフィンテック案件の、独自企画や調査・実験報告などが中心のコラム・新着記事を、LINEにお届けしています。

友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です