公開運用@仮想通貨トレード100倍チャレンジ(10万円→1000万円)

【100倍チャレンジ[第3話]】原資10万円回復!負けにくいコツは?

こんにちわ!
相場がいい感じに回復してきていますがみなさんの資産はどうでしょうか。
高く買って安く売るのスパイラルを繰り返していたりしませんか?

今回も素人なりに頑張って市場の考察をしながら仕込む銘柄を選定していきますよ!

耐え抜いた3週間でした

トレードする前から資産10%減、止まらない暴落、それでもポジションを取ったVEN…
なんだかもう1年たったんじゃないかと思ってるくらいには疲労しました(笑)

 

そしてタイトルで豪快にネタバレをしていくスタイルですが
なんとか原資である10万円まで回復しました!

といってもBTCの高騰の恩恵が大きいということもありましたが
最悪の地合いの中唯一取ったポジションのVEN。

やはりこの銘柄はほかと違う特別とも言える値動きを見せましたね。

いくらVENが調子いいからといっていつBTCの大暴れを受けるかわからなかったので円建てで10万円になるところで利確しました。

今もですがビットコインが絶賛大暴れでほとんどのアルトコインはBTC建てで暴落中ですからね。

結果的にはまだ持ち続けたほうがよかったという結果ですが、今はとにかく資産回復が優先だと思ったのでこの判断を取りました。

 

ですがかなり悔しいですよ。

3週間耐え抜いてあと1日弱待てばBTC建てでもプラスになっていたわけですから。

企画外の口座でもVENは同じタイミングで利確してたのでやっぱり悔しいです。

 

一度ポジション解消したら深追いは禁物!

利確をするということは言葉で説明できなくても
何かしら頭の中で結論付けたから利確をすることなので下手に買いなおすというのは禁物です。

私の場合テクニカル分析の経験がとても浅く
入り直しはただのギャンブルなので深追いはしません。

買う場合は何か理由が出来てから買うようにしています。

 

欲を出して無闇に買い直しをしてしまう人は
損切りが苦手で長々と希望を持ち続けて大損というパターンが結構あるはずなので
どんな時でも慎重なトレードを心がけましょう。

一番楽に深追いしない方法は、ひとつあります。

それは、

 

利確したらその日はその銘柄のチャートを見ないことです(笑)

 

これ結構効果ありますよ。
機会損失はあっても損失は出ませんからね。

 

勝つことは一旦置いといて、負けにくくするには?

ちょっと以前のチャレンジ記事と趣向を変えて銘柄以外のことも書いてみることにしました!

仮想通貨取引をすることにおいてやっちゃいけないのは
高く買って安く売るを何度も繰り返して資金がなくなってしまうことです。

資金がなくなるということは、取引ができなくなる、すなわち仮想通貨の世界から退場してしまうということです。

逆に言えば負けが少ないと退場しないということですが、それって結構難しいですよね。

 

全部話すのはさすがにできないですけど負けにくいノウハウを少し提供しようと思います。

先に言っておきますが簡単ではないですよ。

信頼できる情報源を集める

これがめちゃくちゃ重要です。
極論言うとテクニカル分析できない人でもこれができれば勝率はグンと上がります。

私の場合は、Twitter、Telegram、BANDを使って情報を集めています。

Twitterの場合、信頼できる情報源というのはこのような特徴があります。

  • ポジトークが控えめ
  • 独り言のように銘柄について呟いている
  • 特別フォロワーが多いわけではない
  • 話題になった銘柄を話題になる前からつぶやいている

頑張って探せば何人かは出てきますが、根気は必要です。
ちなみにあくまで特徴なので当てはまらない人ももちろんいます。

そして探し方には当然コツはありますし、
最低一人でも信頼できる情報を発言し続けている人を見つけることができれば、
その人がフォローしている人を総ナメすればさらに良い人を見つけることができます。

 

単純な思考だとフォロワーがめちゃくちゃ多い人を
片っ端からフォローすればいいと思いがちですが
それは半分正解で半分間違いです。

そういう方は逆にフォロワーを利用して
イナゴタワー(投機マネーによる急な高騰)を作り上げることも少なくないので
その仕組みがわからない人だと損しやすいです。

 

もっと知識を深めたい人は以下の銘柄を調べ尽くしてください。

  • XP
  • PAC
  • XVG
  • BCH

暴落した場合なぜ下がったのかを考えるようにする

おそらく負けまくってる人は

「なぜかわからないけど下がりまくってるから売る。なぜかわからないけど高騰してるから乗り遅れないように買う。」

というスタイルで投資をしてるんじゃないかと思っています。

投資というよりもはやギャンブルですね。

このやり方に覚えがある人は今すぐやめましょう。

 

暴落暴騰するには必ず理由があります。

その理由が分からずに高騰中の銘柄を買うのは無謀極まりないです。

以下に暴騰暴落があった例を紹介するので
知らない人は一度全部調べてみてもいいかもしれません。

  • BCH高騰 BCHが本物のビットコインと超大口投資家が発言を繰り返す
  • アルトコイン暴落 ビットコインが高騰したから
  • ビットコネクト暴落 無価値になったから
  • XVG高騰 ジョン・マカフィーが発言して数日後

これらは既に過去のものですが
リアルタイムでこのような高騰暴落理由を見つけ出すことができると、
高騰する前に安いうちに仕込んでおくことができたり
暴落が予測できる何かがあれば暴落前に売り抜けることもできます。

 

ちなみに今回の企画で仕込んでいたVENは(2018年)2月26日にリブランディングという材料がありますが、通常であればその数日前から暴落が始まります。

これはリブランディングの期待への投機マネーが一気にぬけるためです。

投機マネーというのは短中期で色んな銘柄を売買するので、その分投機マネーが流入するタイミングは値動きが非常に激しくなります。

 

VENは投資マネーの方が多く感じるのでそこまで下落はしないと思っていますが、それでもある程度は下落すると思われます。

 

 

最近リブランディングがあったLISKの値動きを見てみましょうか。

画像を見れば難しい説明は不要ですね。

リブランディング2週間ほど前から上げ始めて、3日前ぐらいに暴落開始です。

これを参考にVENのリブランディングによる値動きも予測しました。

 

このように高騰と下落の理由付けを自分自身でできるようになれば何を仕込んでいつ売ればいいのか、の予想ができますよね。
これができれば負ける確率は一気に減ります。

 

信頼できる情報源と組み合わせたら最高ですね!

 

 

当然これらは負けにくくするノウハウのほんの一部に過ぎないですが
全く知らない人にとっては役に立つんじゃないかな~と思って書きまとめてみましたがどうでしょうか。

役に立ったら嬉しいです。

 

次に仕込む銘柄は?

実は既に仕込んでいますが、文字だらけで結構読み疲れたと思うので
仕込んだ銘柄については次回語ろうと思います。

ただ一部は超ド短気なので変わってる可能性の方が高そうです(笑)

 

頑張って勝ちに行きますよ!

現在の運用状況

現在のポートフォリオは以下のとおりです。

日本円換算(1ドル107円計算):100,366円

Bitcoin Diamond:5.057 BCD
NEO:3.37 NEO
Binance Coin:0.983 BNB
Bitcoin:0.02056 BTC

ポートフォリオは前回と全く違いますね。

ちなみにVENは1枚単位でしか売買できないので0.85枚だけ余ってますが
このような端数に関しては保有枚数から除外していこうと思います(日本円換算には反映)。

取引を繰り返していくうちにこういった端数が大量に出てきちゃうのが目に見えてますからね。

それでは慎重なトレードを心がけて今日も頑張りましょう!

お金エンターテイメント
コラム・新着記事をLINEでお届けします

仮想通貨やフィンテック案件の、独自企画や調査・実験報告などが中心のコラム・新着記事を、LINEにお届けしています。

友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です