仮想通貨

【マイニング】仮想通貨の採掘について調べてみました

更新日:

ビットコインをはじめとした仮想通貨はドルや円と交換する以外に入手方法があります。お手持ちのパソコンやレンタルしたパソコンの性能を提供して対価を得る『マイニング』と呼ばれる手法について概要を調べてみました。

仮想通貨を採掘?

私たちは取引所を利用して円やドルを仮想通貨と交換することができます。

 

その逆も可能なのがミソで、
私たちは通貨間のギャップを見極め利用して(ときには損をして)楽しんでいます。

 

さて、水をさすような言い方ですが
この日本円と同等の価値を持つコインを
お金を払わずに(厳密には違いますが)手に入れる方法が存在したりします。

 

それが採掘(mining)と呼ばれる手法です。

 

ずるい!と言われるかもしれませんが続きを見てみましょう。

すごく大雑把なマイニング概要

マイニング・・・採掘といってもつるはしで岩目をカーンするわけではありません。

 

私たちの売買している例えばビットコインは
通貨の数量のほかに、
所有者の証明となる暗号鍵や取引の履歴をデータとして持ちます。

 

このデータが分散されることで
持ち主がコインのデータに不正を行おうとも
瞬時に照会され防止できるのがブロックチェーンと呼ばれる技術ですね。

 

この多数のクローンデータによって取引を監視、コイン価値を保障してくれるブロックチェーンは
別名で分散型記帳システムとも呼ばれます。

 

ではこの分散するビットコンコインのデータはどこに保管されるのでしょう?
それは先ほど出てきたブロックチェーンネットワークのブロック部分に格納されることになります。

 

マイナー(採掘者)によるマイニングとは
パソコンのパワーをこのブロック生成のために供し
分散した記帳へ取引の認証や承認を行う行為を指すのです。

 

中央機関に依存しないビットコインは
誰かの意思で通貨が発行されることを望みません

 

そのため、ビットコインは
取引を監視し記録するマイナーの報酬(一部送金手数料も含むそうです)として初めて通貨発行される仕組みをとっており、
それが採掘と呼ばれる由来となっているのですね。

マイニングはタダではない?

そうと聞くとさっそく参加したいマイニング作業ですが
これが意外に難易度が高かったりします(マイニングには参加したことがありませんが)。

 

極論、数年前に大学で買わされたノートパソコンでも
ハードウェアに互換性があれば参加自体は可能なのですが、

パソコンの仕事量としてはほとんどマイニングに貢献できないため
ヘタをすればパソコンが重くなって電気代が上がって部屋が暑くなって報酬がほぼゼロ!
という悲惨なことにもなりかねません。

 

ビットコインのマイニングについては単純な計算量ではなく、
定められたプログラム問題を早い者勝ちで回答してブロック(報酬)を得るシステムが用いられております。

 

通貨の種類によっても変わってきますが、

早いパソコンが100だとすれば、
遅いパソコンは0.1ではなく0なのです。

中には、通貨の保有量でマイニングの報酬が変化するものもあるようですね。

 

いかに高速で、
電気代が掛からない、
安くて
最新のパソコンを大量に用意できるか、
マイニングで稼ぐキモになるかと思います。

GPU


※画像はAMDウェブサイトより『RADEON-RX470

パソコンパーツの中でもGPU(グラボ、グラフィックカードとも呼ばれます)は
マイニングの稼ぎを左右する重要な部品です。

 

PCゲーマーにはシングルスコアの高いnVIDIA製が好まれますが、
マイナー勢にはコスパの良いAMDのRADEON-RXシリーズ(470/480/570/580~)が圧倒的に好まれています。

 

高グラフィックゲームから低グラフィックゲームへ乗り換えた方や、
なんらかのはずみでGeForce1070とかRADEON RX570をゲットできた幸運な方は
マイニングにチャレンジされてみてはいかがでしょう?

クラウドマイニング

全力で稼動するGPUはかなりの騒音と熱を発します。

それらを嫌う方や
あるいはマイニングマシンのセットアップが苦手だったり
めんどくさかったりする方向けに

クラウドコンピューターでマイニングを代行してもらう
クラウドマイニングというサービスも存在します。

 

まず初期費用としてクラウドマシンのレンタル費用を一括で支払い、
あとは名も知らぬ土地で誰か&マシンがクライアントのためにマイニングを行ってくれます。

 

電気代もかからずブレーカーも落ちず暑くもならず、
クラウドマイニングはいいこと尽くめのようにも思えますが

クラウドマイニングには詐欺案件も多く、
レンタル契約の満了前に事業主がドロンしたり、倒産することも多いようですね。

まとめ

ビットコインをはじめ
多くのアルトコインが注目されるようになって
マイニングの要求パワーが跳ね上がっています。

通貨取引でなくマイニングで利益を得る方針も
導入のコストや運用管理を考えると中級者からのテクニックと呼ばれていますね。

ベンチスコア自慢のジサカーの方や
趣味として採掘に興味がある方であれば、
チャレンジしてみるのも大いにアリかと思えます。

 

【仮想通貨】ビットコインって買い物できるの?どこで使えるのか、解説します

 

【口座開設】coincheck(コインチェック)アカウント登録方法を解説します!

ブログ更新通知を受け取る

↓仮想通貨-ビットコイン投資で稼ぐ人のメールマガジン↓

メルマガ@マネオラ

『ブログ更新通知』と、ほぼ毎日『仮想通貨投資コラム』を配信中。まだ億れてはいませんが、参考にはなると思います。


 

↑送信後に確認メールが飛びますので、認証URLをクリックして登録完了です。

マネオラ編集の注目案件

 当ブログの運営者が注目している、仮想通貨・フィンテック投資案件をピックアップ

Zaif(自動積立が◯)

素人の売買はプロの養分。そんな心配を無くしてくれる、仮想通貨の自動買い付け・定期積立がすばらしい!最安&国内大手でNEMを買うならココ。運営会社のテックビューロは、日本でもっとも資金を調達したICO、COMSAの運営元でもある。

Changelly(仮想通貨の一括両替サービス)

ビットコイン→イーサリアム、リップル→NEO、DASH→BATなど、マニアックなアルトコインも対応の一括両替サービス。コインチェックよりも格安&簡単に通貨種を変えれます。

コインチェック(取引高日本一の取引所)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyerを抜いて取引高日本一になった大手取引所。ビットコインやイーサリアム、NEMなど有名通貨はもちろん、国内大手ではここだけの、Lisk・Monero・Zcash・DASHなど、全13種の厳選通貨を売買できます。(口座開設&維持は無料)

bitFlyer(国内3大取引所のひとつ)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最安&国内大手でビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ買うなら筆頭候補。業界初TVCMを放映した日本を代表する取引所。(口座開設&維持は無料)

モッピー(ビットコイン無料入手ポイントサイト)

モッピー!お金がたまるポイントサイト

東証一部上場企業が運営する、ビットコインを無料で入手できるポイントサイト。コインチェック&bitFlyerと日本の二大取引所で、ビットコインをゲット。

maneo(大手ソーシャルレンディング)

仮想通貨に疲れたら、放置で楽ちん年利5〜8%を狙う、ソーシャルレンディングのリーディングカンパニー。うちのブログに名前が似てますが、maneoさんは実績9年の大先輩。わたしも35万円ほど運用中。2〜3万円と少額からトライできます。

-仮想通貨

Copyright© Maneora , 2017 All Rights Reserved.