VALU

【擬似インサイダー取引?】VALUで大物ユーチューバー、ヒカル氏がやらかした件について調べてみました。被害総額は1億円か!?

お盆を実家でゆっくりと過ごし、帰ってきてビックリ。大物Youtuberのヒカル氏がいつの間にかVALUに参戦&なにやらマズいことをしてのけていたそうで、今回はその一連の流れを追いかけてみました。お盆でなければわたしも危うく買っていたところです。

VALUについてかんたん3行でおさらい

VALUとは個人が擬似株式(VA)を発行できるサービスです。

VAを売り出した人(発行者)は、VA購入者から資金を集めることができる一方で、

VA自体が価格を変動させ、かつ取引(トレード)可能なため、発行者の頑張りによって購入者も所持VAの値上がり(あるいは値下がり)の恩恵を受けることができます。

 

 

 

 

ヒカル氏についておさらい

概要

ヒカル氏は動画配信サイトYoutubeで
企画動画の投稿を行うYoutuberです。

過去にはゲームチャンネルも存在しましたが、
現在の投稿内容は

  • 夏祭りで出展しているクジを全部買おうとしてテキ屋とトラブル
  • 競馬の1レースに1000万円使ってみたり
  • ロト6を大量購入してみたり
  • ゲーム機が当たるというUFOキャッチャークジやガチャガチャクジを総ざらいして内容を暴いたり
  • 大量買い(高額買い)したゲームカード(遊戯王)の開封&査定をしたり

といった、
文字通りのお金を使った物量作戦の動画が多いですね。

 

 

ヒカル氏の動画は金遣いの気持ちよい、景気の良いものが多く
Youtubeチャンネル登録者数も270万人近くと
多くのファンを抱えています。

 

 

わたしは基本的に永井先生ばかり見ていますが、
てんてーと違っておもしろいお金の使い方をしてくれるので
空いた時間にヒカル氏の動画もたまーに見たりしています。

 

 

一見すると人気ユーチューバーなだけのようにも思えますが、
現在に至るまでには色々なビジネスでチャレンジされていたようですね。

 

 

 

 

とくにアンチというわけではないのですが・・・

Youtuberとして有名になる以前のヒカル氏は
金髪企業家ヒカルというネームで『下克上』や『ゼロ壱』『進撃のアナザーワールド』といった
情報商材を販売していた過去があります。

 

 

ジャンルはトレンドアフィリエイトといって、
例えば『その日マツコ氏の番組に出た扇風機を、番組に関連した記事内容を書いて売る』というように、

時事ネタにアフィリエイトの商品を絡めて売るノウハウ等や
メールマガジンを用いたアフィリエイト導線を解説するものです。

 

 

その内容はというと、
ブログを運営する上でのまずまず基本的なところを抑えてあり、
(かなりの努力は必要ですが)間違えたことはあまり書いているようには思えません。

 

 

しかし、一方のヒカル氏に関しては、
基本的に商材を投げっぱなしで

  • サポートを受けられなかったり
  • あるときは他の情報商材をコピペして販売したり

と、いろいろとモラルが指摘されている部分も多かったりするようです。
(モラルを除けば機動力があるという特性の表れかもしれません)

 

 

また、原発派遣ビジネスにも参入していた過去もあり
現在に至るまでのいきさつについては、
ご本人もあまり口を開かれないようです(あえて言う必要も無いのですが)。

 

 

 

 

ヒカル氏のVAインサイダー取引騒動について

一連の流れ

現在Youtubeで人気のヒカル氏がVALUに参加したということで、
それまでにVALUや仮想通貨に興味の無かった多くの人が
VALUに興味を持ち、あるいは参加したのではないでしょうか?

 

 

また、
ヒカル氏の動画を見たことのある多くのVALU既存プレイヤーが
ヒカル氏のVAに注目し、購入を決断したのではないかと思います。

 

 

後で騒動を知ったわたしも驚きました。
ヒカルかよ!と。

 

 

↓↓お盆休みに起きた一連の流れはこんな感じです↓↓

 

  1. 2017/8/10よりヒカル氏、VALUに参加
  2. 8/14にヒカル氏がVA優待を発表し、自身のVA購入を煽ったことでヒカル氏のVA価格がストップ高に
  3. 翌日の8/15、ヒカル氏の関係者(マネージャー?)である井川氏がヒカル氏のVAをすべて売りに出す
  4. ヒカル氏も自身のVAをすべて売り出し、ヒカル氏のVAが大暴落
  5. ヒカル氏、VALUページにて優待なんて予定していないと発表
  6. ヒカル氏のVAを購入したユーザーは紙切れになったVA取り消された優待に対し、インサイダー取引(内部者取引)があったのでは?と指摘

 

ヒカル氏保有のVA試算でも約4,000万円。
同事務所VAZに所属する参加チューバーや井川氏の儲けもあわせて
1億円以上を荒稼ぎしたともウワサされています。

 

 

ご存知かとは思いますが、
そのお金は株式会社VALUが払ったわけではありません。

ヒカル氏のVAを購入し、売り抜けることができなかったユーザーのフトコロからすべて出ています

 

 

ヒカル氏が有名人なだけに動いた額も大きく、
なかなか大変なことになってますね・・・

 

 

 

 

VALU式インサイダー取引?

あくまで株式市場に限ったハナシなのですが

今回のように
内部者で事前に株式価格が上下する事実を知りつつ
それを公表せずに株式の売買を行う行為
金融商品取引法でいうところの内部者取引(インサイダー取引)に該当するものです。

 

 

インサイダー取引は
発覚した会社の信用を失墜させるだけでなく
ひいては一般投資家からの株式市場そのものの信用を失う行為であり、

罰則については業務上過失致死罪(意図せず車で人を轢き、死亡させる)よりも重く規定されています。
(5年以下、500万円の罰金+追徴金

 

 

一方のVALUにおいても

VAというサービスのあり方、
ユーザーの捉えかたが大きく変わる一件であり、
買い手が圧倒的に不利であるVALUの暗部が露呈した今回の出来事です

肝心の運営の姿勢はというと、

煮えきりませんね。大丈夫でしょうか?

 

 

VALUではこれまでに
株式で言うところのインサイダー取引が可能であることを指摘されている方々も多くいらっしゃりましたが、
今回の騒動のように、発行者と購入者の間でのトラブルが大きく取り上げられたケースは初めて(ヒカル氏はなんのトラブルも無い、とのこと)であり、

しかも疑惑の人物が大物Youtuberだということもあって、
VALUやYoutube、ソーシャル界隈では蜂の巣をつついたような騒ぎになっています。

 

 

VALUサービスは運営も表明している通りの擬似株式と呼ばれており、
ユーザーが発行できるトークン(擬似株式=VA)
厳密には株券に該当しないものであります。

よって今回の騒動は法律で言うところのインサイダー取引には該当しないものでありますが、
VALUという市場には同等のダメージが残ってしまいました

 

 

言ってしまえばVALUは
仮想通貨の持つグレーゾーンな特性をうまく利用したサービスであり、
個人単位で気軽に参加できるというメリットがある一方で
法律による保護を受けられないといった側面もあるのです。

 

 

今回のVALUに関しては、
ヒカル氏を詐欺罪で立件しようというユーザーもいらっしゃるそうですね。

 

 

 

 

まとめ

株式のインサイダー取引も
ついうっかり、
知らずのうちに抵触してしまう、といった事例があるそうです。

 

 

ユーザーも増え
いつかは起こるかなと思っていた
VALU式インサイダー取引

 

 

そのあたりはクレバーそうに見えるヒカル氏が、
まさかやらかすとは思いもよりませんでした

 

 

なんだかんだいってヒカル氏の景気良い動画は楽しませてもらっているので、
誤解であるならキチンとした説明や対応をしてもらい
ユーザーを安心させて欲しいところですね!

 

 

あわせて読みたい
【違法性】VALUはインサイダー取引のような規制の対象にならないのか、法律的にどうなの?個人が発行し、取引されることでその価格を変動させるVALUのトークンVA。その仕組みはよく株に例えられますが、株式におけるインサイダー取...

 

あわせて読みたい
【徹底解説】VALUの買い方・購入方法・投資の始め方を、5ステップでわかりやすく解説します!話題のVALU投資。買う流れ・購入方法・投資のはじめ方を、 実際に買った立場から解説レポートさせて頂きます! ユーザーが...

 

 

– 無料メルマガ –
絶賛配信中!

仮想通貨やロボアドバイザー、ソーシャルレンディングに加え、評価経済や副業&財テクなど、複雑化する現代の『お金』。そんな人生100年時代の生き残りのヒントになるよう、編集部コラムやブログ&Youtube動画新着など無料で配信中!


 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です