ソーシャルレンディング

稼ぐなら今!ソーシャルレンディングをおすすめする理由 リスクもふまえて

稼ぎの好機は、まさに今

こんにちは、うわ吉です。
わたくし、将来を考えてコツコツ貯金と比較的安全な投資を営んでおります。

そんな私が最近ハマってるソーシャルレンディングは、
投資型クラウドファンディングと言われる
今もっとも注目される投資のひとつ。

ビットコインも悪くないんですが、
乱高下が激しすぎてこちらの方が個人的には好みです。

この記事の著者である私も個人投資家で、25万円ほど2017年の1月から運用しており、毎月金利が振り込まれています。

 


著者の金利確定メールを抜粋

そんなソーシャルレンディングですが、
登場人物は、
下記三者。

1)お金を借りたい人(個人・法人/国内・海外)
2)ソーシャルレンディング会社
3)お金を貸したい人(投資家)

ソーシャルレンディング会社が仲介となって、
お金を借りたい人にお金を貸すシステムです。

ソーシャルレンディングのリスク

もちろん投資なので、リスクが0ゼロではありません。

、、が、

リスクがコントロールされており、
リターンがそれ以上に期待できる印象のため、
FXや個別株などの危険な投資案件よりも
はるかにおすすめできます。

その最大の理由は、

最新のIT技術、フィンテックの恩恵

旧来の投資である、
証券会社を通じた株取引は、

高給取りの証券マンの給与や、
都心の自社ビルの家賃が、
我々投資家の手数料から捻出されています。

しかし、
ソーシャルレンディングは、

AIなど最新のIT技術をつかいリスクを計算。

 

また、
店舗が基本的に存在しないネット完結型のため、
無駄なコストが抑えられています。

5%以上の高利回りなのに、
無駄なくスマートなシステム。

ソーシャルレンディング会社が数%の手数料を乗せたうえでの、
投資家利回り5%〜なのも理解できます。

また、
担保や保証もソーシャルレンディング会社や案件によって設定されているため、自分でリスクと利回りを選択できます。

そして、
もうひとつのポイント。

圧倒的に低い貸し倒れ率

投資家にお金がもどってこない状態を、
貸し倒れ状態とした場合、
ソーシャルレンディングの貸し倒れ率は、
1%以下で運用できている会社が多い。

数年前、貸し倒れ率が高かった時代は個人貸付が主流でしたが、
現在は審査もしっかりしつつ、法人・事業主貸付が主流なため、
FXなどよりもかなり安心して、チャレンジできる投資案件となりました。

高利回りは、いつまで続くかわからない

今は、5%〜13%あたりと
かなり高利回りで安定した結果を出しやすいソーシャルレンディング。

しかし、
人気が出て、
需要(借り手)に対し、
必要以上に供給(貸し手)が多くなると、
利益が低くなる可能性もあります。

 

なので、
投資のタイミングとしては、

安定性と、
高利回りのバランスが良い・・・今がおすすめ

少しでも迷っている方は、
稼ぎのチャンスを逃さない為にも
口座だけでも開設しておくことを
オススメいたします。

まずは無料で、口座開設がおすすめ

ここで述べたこと以上に、
各社のページでリスクや、魅力について詳しくまとめました。

【保存版:比較したよ!】国内ソーシャルレンディング、おすすめベスト3とその他サービスを一覧に。2017年の分散投資・口座開設にお役立てを!

また、
とりあえずソーシャルレンディングはじめたいけど、不安な方は、
業界最大手の『maneo』さんがオススメです↓

私もぜっさん、運用中!

では、また。

– 無料メルマガ –
絶賛配信中!

仮想通貨やロボアドバイザー、ソーシャルレンディングに加え、評価経済や副業&財テクなど、複雑化する現代の『お金』。そんな人生100年時代の生き残りのヒントになるよう、編集部コラムやブログ&Youtube動画新着など無料で配信中!


 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です