仮想通貨

Googleが出資する、リップル。その意図や内容を紐解いてみた

更新日:

今回は

リップルに出資を表明した
巨大企業

 

Google

 

その意図や
内容を

ひも解いてみようと思います。

googleってそもそもどんな企業なの?

巨大検索エンジンとしての役割

googleと言えば=検索
というイメージを思い浮かべる方も多いと思います。

 

実際にその通りで
ユーザーの検索ワードを解析し
最適なウェブサイトを提案する検索エンジン。

 

ライバルであったYahooが検索エンジンを撤退(googleのエンジンを採用)した現在では
そのシェアは、
実に90%以上にのぼると言われます(他はBingやBaiduなど)。

 

・使いやすさ(ユーザー視点)

・正しく、迅速にユーザーの悩み解消する正確性

・不適切なサイトを排除する公平性

 

これらの徹底し
日本でも
世界でも
もっとも評価の高い検索エンジンとして支持されるようになりました。

ソフトウェアとしての役割

PCやスマホを良く扱っている方であれば
googleの作った
ハードウェアやソフトウェアを
利用している方も多いのではないでしょうか?

 

例えば
スマホのOS(オペレーティング・システム)で
iOSと勢力を二分するAndroidですが
これはgoogleが生み出したものです

 

プラグインが豊富な
ウェブブラウザGoogleChromeをご利用の方も多いでしょう。

 

他にも

ドライブやドキュメント
スプレッドシート
フォームなど
ビジネスでもホビーでも役立つ
これら便利なクラウドツールも使われるようになってきました。

 

これらすべては無料なため
多くのシーンで利用されています。

 

googleのソフトウェアは
私たちの日常に深く浸透しているのですね。

歩兵部隊Adwords広告&GooglePlay

タダというのにはカラクリがあって

 

ネットワークやソフトウェアといった制空権や制海権を獲得したgoogle

そこに投入されるのが

 

Adwords広告や

GooglePlayストア

 

といった歩兵部隊です。

 

シェアを獲得した者の特権として
これらの広告システムやマーケットで
半ば独占的に商売する権利を獲得し
莫大な利益を得ています。

 

Adwords広告を出稿したり
Playストアでアプリケーションを販売した方ならお分かりかと思いますが
ビジネスレベルになると
結構な利用料です(こちらの規模にもよりますが)。

 

それでも

 

利用ユーザーが多いので
広告をしっかりチューニングしたり
ユーザーに支持されるキチンとしたものを売れば
しっかりと利益が出るんですよね。

googleとリップルの関係

肝心なポイントなのですが
今のところgoogle側の意図がわかるようなニュースは
ネットではほとんど見ることができません。

 

googleがもともとクローラー(サイト評価ロボット)のように
ブラックボックスな印象の企業なので、
情報が出てこないのも当然なのかもしれません。

 

ただ
仮想通貨を用いた金融インフラを開発するリップルに
巨大なマーケットや
優秀な決済システムを持つgoogleが
興味を持ったのは自然な流れなのかな、と個人的には思います。

googleがリップルに何をしたの?その恩恵は?

2013年5月度のエンジェル投資者の中に
GoogleVenturesの名前があります

※エンジェル投資家とは?

エンジェル投資家またはエンジェル(ヨーロッパにおいてはビジネスエンジェルと呼ばれている)は、創業間もない企業に対し資金を供給する富裕な個人のことである。投資の見返りとして株式や転換社債を受け取ることが一般的である。エンジェル同士でグループを形成し、情報の共有や共同出資を行う動きも見られる。

出典:ウィキペディア

他の投資家も含まれますが

生まれて間もないリップルに
実に1,400,000ドル(およそ1億5000万円)ものお金が集まりました。

 

googleはその後
2016年9月度にも
投資を行っております(参加他社との合計で約60億円)。

 

googleが投資に参加するリップルの恩恵としては
第一に、信用が大きく増える点ではないでしょうか?

 

そして
あくまで予想ですが、
将来的にGooglePlayや
その他のGoogle関連でお金が必要な場面において
リップル(XRP)による決済が可能になるかもしれません。
双方は
それまでに親和性が高く
強い関連性をもつ企業同士のように思えます。

まとめ

リップルとgoogle

その関係性は謎のままですが
リップルとgoogleの構想や方向性を辿っていけば

なんとなく
意見が合いそうな2社であるかと思うところです。

 

リップルのシステムが完成すれば

googleを利用する私たちの環境も
さらに便利になるのかもしれませんね。

ブログ更新通知を受け取る

↓仮想通貨-ビットコイン投資で稼ぐ人のメールマガジン↓

メルマガ@マネオラ

『ブログ更新通知』と、ほぼ毎日『仮想通貨投資コラム』を配信中。まだ億れてはいませんが、参考にはなると思います。


 

↑送信後に確認メールが飛びますので、認証URLをクリックして登録完了です。

マネオラ編集の注目案件

 当ブログの運営者が注目している、仮想通貨・フィンテック投資案件をピックアップ

Zaif(自動積立が◯)

素人の売買はプロの養分。そんな心配を無くしてくれる、仮想通貨の自動買い付け・定期積立がすばらしい!最安&国内大手でNEMを買うならココ。運営会社のテックビューロは、日本でもっとも資金を調達したICO、COMSAの運営元でもある。

Bankera-バンクエラ(海外ICO/トークンセール)

【トークンセール開催中】既に配当報酬が配布されるなど、きちんと動いている感のあるICOの『Bankra-バンクエラ』。次世代銀行の出資者になって、配当イーサリアムをゲット。ICOブームは終わったと言われる中、堅調に参加者・資金を集めています。

Changelly(仮想通貨の一括両替サービス)

ビットコイン→イーサリアム、リップル→NEO、DASH→BATなど、マニアックなアルトコインも対応の一括両替サービス。コインチェックよりも格安&簡単に通貨種を変えれます。

コインチェック(取引高日本一の取引所)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyerを抜いて取引高日本一になった大手取引所。ビットコインやイーサリアム、NEMなど有名通貨はもちろん、国内大手ではここだけの、Lisk・Monero・Zcash・DASHなど、全13種の厳選通貨を売買できます。(口座開設&維持は無料)

bitFlyer(国内3大取引所のひとつ)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最安&国内大手でビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ買うなら筆頭候補。業界初TVCMを放映した日本を代表する取引所。(口座開設&維持は無料)

モッピー(ビットコイン無料入手ポイントサイト)

モッピー!お金がたまるポイントサイト

東証一部上場企業が運営する、ビットコインを無料で入手できるポイントサイト。コインチェック&bitFlyerと日本の二大取引所で、ビットコインをゲット。

maneo(大手ソーシャルレンディング)

仮想通貨に疲れたら、放置で楽ちん年利5〜8%を狙う、ソーシャルレンディングのリーディングカンパニー。うちのブログに名前が似てますが、maneoさんは実績9年の大先輩。わたしも35万円ほど運用中。2〜3万円と少額からトライできます。

-仮想通貨

Copyright© Maneora , 2017 All Rights Reserved.