その他の取引所

【みんなの評判/口コミ】SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)の評判について調べてみた

金融大手のSBIが仮想通貨取引所への参入を発表して約1年、今回は延期を重ねながらもようやく公開に至った仮想通貨取引所SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)の評判についてざっくりと見てみたいと思います。大手ならではの強みといったものがはたして存在するのでしょうか。

SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)についてざっくりとおさらいしてみましょう

概要

SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)は
証券やレンディングサービスでもおなじみの金融大手
SBIグループ傘下が運営を行う仮想通貨取引所です。

2017年の夏前あたりからSBIによる仮想通貨市場への参入は界隈でも取り上げられておりましたが、
調整と延期によって事前受付から約1年後の2018年7月に
ようやくその運用が開始されることとなりました。

現在の取り扱いは3種類の現物売買、順次拡大予定!

2018年8月現在での取り扱いは

  • Ripple(XRP)
  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

の現物売買のみで、レバレッジにも対応しておりません。

 

2018年内にはイーサリアムの取扱いも予定されておりますが、
今後の取扱い通貨や売買方式は市場動向や規制方針を見ながら拡大していく、SBIの慎重な姿勢がうかがえます。

取引板を持たない販売所方式を採用

SBIVCではビットバンクのように取引板は存在せず
GMOコインやコインチェックと同様
SBIVCに対して通貨の売買を行う販売所方式によって取引を進めていきます。

販売所方式は売買操作が簡潔で板状況に振り回されず売買が行えるという、安心感や安定した売り場がメリットに挙げられますが

一方で運営によって自在に売買スプレッド(と見せかけた販売手数料)を調整できるため、
販売所方式は一般的に手数料が高い、といった声もよく見かけるところ。

この点についてSBIは業界最狭のスプレッド(=手数料安いよ!)を謳っているそうですが、
その真偽についてはこれからご紹介するユーザーの声が参考になりそうです。

 

SBIVCの評判/口コミ

前向きな評判

仮想通貨取扱い企業というのはベンチャー企業も多く
その顧客対応の多くがおざなりに近いものでした。

その点は証券をはじめとし
金融業界で信頼を得てきた大企業の頼もしさというものがありますね。

また他のSBI傘下でもSBIVCの利用がオススメ(=誘導)されており、
他の金融分野から参入した仮想通貨初心者向けの
丁寧なサービスを心がけている点が販売方式からもうかがえるところです。

今後はイーサリアム(ETH)の取扱い開始にくわえ
板方式による取扱も検討しているようですね。

空売りやレバレッジが行えるようになれば
トレーダー方面からの参加者にも期待できそうです。

SBIは証券やソーシャルレンディングでも有名なグループ企業を有しており、
それらの資金が流れ込むことによってリップルの流動性にも一役買ってくれそうなところ。

合同会社RippleAsiaを設立するなど、リップルに注力を続けるSBI。
取引高で現状世界一を誇るbitbank.ccに追いつけるのか、その手腕を見守りたいところです。

一年前の2017年夏ごろは仮想通貨の取引高が全体的に伸び始めたお祭りムードの真っ只中でした。
あわてて参入を開始する企業も多い中、早くからその発表を行いつつも開始を見送ってきたSBI。
コンプライアンス意識の高さはSBIソーシャルレンディングでも支持されており
金融大手&後発ならではの見通しというか、仮想通貨全体を将来的に見据えていく視点に金融大手の貫禄を感じるところです。

後ろ向きな評判

売買価格の差額、スプレッド(厳密にはスプレッドに加えられた手数料)の高さは販売所ならではデメリットです。

板取引が存在しない販売方式で運営が利益を出すためには通貨価格に手数料を乗せて販売する方式をとるのが常ですが
ウリのひとつであるXRPも世界一のXRP取引高を誇るbitbank.ccと比較すると、どうしても売買価格が見劣りするところですね。

とはいえ同様の方式でXRPを販売するGMOと見比べるとずいぶん頑張っているようで
ちょっと取引高の低い取引板のスプレッドくらいのギャップに収まっているのはむしろ好感触かもしれません。

とはいえ、冷静に金額を見るのがユーザーの現実であり、
bitbank.ccよりもSBIのほうがいいよねーと思えるようなサービスの展開が無ければ
今後の発展は難しくなりそうな予感がするところです。

まとめ

現状、取扱い銘柄が3種の現物売買だけ、というのは少し物足りなく感じる方も多いかもしれませんが
今後は板取引への対応やイーサリアムの取扱い開始も予定されており
取引所としての評価はそれらの開始と経過を見守って判断していきたいところです。

慎重に慎重を重ね、満を持して開始されたSBIバーチャルカレンシーズ。

個人的にはリップルでbitbank.ccに追いつけるか、という点に注目しています。

お金エンターテイメント
コラム・新着記事をLINEでお届けします

仮想通貨やフィンテック案件の、独自企画や調査・実験報告などが中心のコラム・新着記事を、LINEにお届けしています。

友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です