その他アルトコイン

【ライトコインのチャート(Litecoin/LTC)】最新相場&価格推移

ライトコインはビットコインから派生したアルトコインの1種です。12月に入り価格が跳ね上がり、現在も3万5000円前後をキープしています。

2018年2月9日追記:その後は仮想通貨市場全体の冷え込みで価格を下げるも、ライトコインの決済システムであるLitePayが発表され、取引が活発化しております。

 

ライトコインは取引時間が非常に短くスピーディーにやり取りできるのも注目を集めた要因の1つと言えるでしょう。今回はライトコイン(LTC)の最新相場&価格推移、ライトコインに対するみんなの声を集めました。

ライトコインのチャートに対する、市場&みんなの声

ライトコインはビットコインから派生した、アルトコインです。なので、性質はビットコインに等しく、価値の世損機能であるPoWも採用しています。

 

加えて、ライトコインはビットコインよりも割安で購入できることから、投資家たちからも注目を集めており、仮想通貨全体の時価総額では7位を記録。2017年は非常に良いパフォーマンスを見せています。

 

しかし、ライトコインと同じくビットコインから生まれたビットコインキャッシュの誕生によって、ややライトコインの優位性が失われる可能性が出始めています。

 

私としては、パフォーマンスの高さや実用性などから見るにライトコインの方が今のところ優位ではあると思っているのですが、2018年はライトコインには厳しい年になる可能性も十分あると感じています。

 

他の人はどう思っているのでしょうか。ネットや市場の声を集めてみました。

 

2018年2月3日:市場全体が暗いムードの中、LitePayを発表

2018年2月頭のアップデートでLitePayがリリースされました。

LitePayはLitecoinによるECや実店舗での高速決済を実現するための端末システムで、
コチラはオフチェーンでの超高速決済が可能とのこと。

話によればクレジットカード加盟店が支払う高額な手数料も払わなくて済むのはもちろんのこと、
送金トランザクションの手数料も払わなくて良いとのこと。

今後、ライトコイン決済の加盟店がさらに増えるであろうと騒がれており、
いくつかのアラが見られるビットコイン決済システムを切り崩せるか注目されています。

 

また、Litecoin財団によるロードマップの発表も同時に行われ、
LitePayのプロダクト公開とともに
ソフトフォークを主軸とした積極的なアップデードも行っていくことが発表されました。

 

LitePayの発表により、
ビットコインをはじめとした主要仮想通貨が軒並み下落する中で、
ライトコインだけが急激に価格を伸ばし、なんだなんだと注目を浴びることとなります。

私も何事かと思っていました。

 

2018年の2月3日頃といえば、

  • 日本一のBTC24時間取引高を誇るコインチェックがNEMの不正送金被害(被害額580億円)を受ける
  • Tether(テザー/通貨記号:USDT)を用いた取引所と発行体による仮想通貨の市場操作疑惑、いわゆる『テザー問題』が表面化
  • 中国や韓国をはじめとした各国政府機関が自国の仮想通貨取引所の規制に向けた方針を発表
  • アメリカ株価指数(ダウ平均)が数年ぶりの水準で下落

↑これらの出来事が重なり、なかなかというかかなり冷え切っていた市場だったのですが
この状況でのアップデート発表でライトコインは図らずも?注目を集め
LTCの24時間取引量を、2月3日の発表前から倍増させることに成功しました。

後付けで言うのもなんですが、
このなんとも言えない粘り強さがライトコインの魅力ですね!

実需が増えるのかが、これからのキモとなりそうです。

 

2018年12月:仮想通貨全体の高騰でライトコインにも火がつく!

https://twitter.com/ultramenthol7/status/940550980730470400

 

もともとアルトコインの中では値動きがおとなしい部類の通貨だったのですが、
上記のように、ライトコインは2017年12月10日から12日にかけて高騰しています。

それまでは1LTC平均6000円となっています。

過去に最高5000円台まで高騰した時期もありますが、12月の高騰はそれ以上。

 

12月10日の段階で17000円ほどだったのですが、13日になることツイートのように2万円を大きく超え、36000円にまで到達しています。

 

 

このツイートからわかるように、ライトコインは大幅な高騰後に一旦暴落したのですが再び価格が回復し18日の段階で35000円台にまで上り詰めています。

 

恐らくライトコインの高騰を見て暴落時に買い足そうとしていた人たちが動いたのだと思われます。

 

 

先ほども説明した通り、ライトコインは高騰後に1度暴落しています。価格は36000円台から31000円台まで価格を下げています。

 

高騰により売りが高まったことで価格が下がった可能性が非常に高いですが、その後は再度価格が上昇し、18日の段階で35000円ほどにまで回復。

 

高騰していく可能性はなきにしもあらずですが、今後も価格の動きは注意深く見ておいたほうが良いでしょう。

 

ライトコインを両替するなら『changelly』

購入したライトコインを別の通貨に交換する場合、1度日本円かビットコインにしてから交換したいアルトコインを購入する流れが一般的です。

 

しかし、この方法では手数料が多くかかるため、金銭的なデメリットも多い上に効率的ではないです。そこでおすすめなのが『changelly』です。

 

 

changellyではアルトコイン同士を直接交換することができるので、手数料を抑えるには最適。ライトコインを別のアルトコインに交換したいのなら、ぜひ使ってみましょう。

 

ライトコインの取引所、チャートイメージまとめ

ライトコインを取り扱っている取引所は以下の通りです。

 

bitFlyer

coincheck

bitbank

・BTCBOX

GMOコイン

BIT Trade

 

大手で初心者でも理解しやすい取引所を使いたいのなら『coincheck』がおすすめです。ですが、手数料の高さなどデメリットもあります。大手で手数料を安く抑えたいと考えているのなら『bitFlyer』が良いでしょう。さらに、日本円での出金手数料も安く抑えたいのなら『GMOコイン』もおすすめです。

 

取引所以外のチャートツール・サービス

CoineGecko

 

CoineGecko』は海外のサービスですが、日本語にも対応しています。相場チャートだけではなく、メタリックスコアやコインの流動性、コミュニティなどさまざま視点で仮想通貨の現状を確認できます。

 

ところどころ日本語に対応していない部分や日本語訳がおかしいところもありますが、問題なく使用可能です。

 

みんなの仮想通貨

 

みんなの仮想通貨』は日本産のサービスです。仮想通貨のチャートや価格はもちろん、売値や買値をリアルタイムで表示。

 

それだけではなく、仮想通貨が24時間以内に上昇するか否かをパーセンテージで表示しているので、いつ売り抜けるべきかなどの参考にもできるのが魅力です。

 

ライトコインのチャートをブログへ貼る方法

 

CoineGeckoはブログにチャートは貼れるよう、埋め込みタグを発行しています。埋め込み方法について説明していきます。

 

 

まず、CoineGeckoのチャート上部にあるメニュー蘭の『Tools』をクリック

 

 

上記のような画面になるので、『相場ティッカーウェジェット』の下にある緑色のボタンをクリックします。

 

 

画像のページに移動するので、仮想通貨の種類や表示単位は間違っていないのか確認したら、ウェジェットコードをコピペしてブログに貼り付ければ完了です。

 

ブログにチャートを貼り付ける方法は非常に簡単なので、ぜひ試してみてください!

 

お金エンターテイメント
コラム・新着記事をLINEでお届けします

仮想通貨やフィンテック案件の、独自企画や調査・実験報告などが中心のコラム・新着記事を、LINEにお届けしています。

友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です