coincheck(コインチェック)

【買い方】コインチェックでのモナコイン(Monacoin)の買い方・購入方法【coincheck】

今回は国内取引所でも大手のcoincheck(コインチェック)で
仮想通貨モナコイン(MONA)を購入する方法をご紹介しようと思います。

モナコインについておさらい

モナコインシンボルの画像

モナコイン(通貨コード:MONA)は匿名掲示板『2ちゃんねる』のキャラクター(AA/アスキーアート)である『モナー』をモチーフに生み出された仮想通貨です。

特に国内での人気が高く、国内取引所でもビットコインやイーサリアムに次いで多くの取引所で取り扱われており、それまでの主要な取引所といえばZaifとbitbank.ccの二択でしたが、2017年の10月にはbitFlyerで、2019年の6月にはコインチェックでも取り扱われるようになりました。

 

モナコインのチャート画像

基本的には基軸の通貨であるビットコインの値動きに従うことが多いアルトコインの中でも、モナコインはしばしば独自の値動きをすることが多い通貨であり、パソコンショップアークでの支払いに対応していたり、一般でもマイニングを試みたりと独自の存在が光る通貨としてファンが多く存在しています。

コインチェックが使える点・使えない点

モナコインはいまや国内の主要な取引所での購入や取引が可能となりましたが、その中でもコインチェックをオススメするには理由があります。

それは・・・

購入までの操作が簡単

コインチェックのサービス開始当初から言われている点として
とにかく、購入のプロセスが簡単な点が強みとされています。

コインチェックにおけるアルトコインの入手方法は販売所方式によるもので、これはユーザーと取引を行うのではなく、コインチェックが所持するコインを購入したり、反対にコインチェックへコインを売却する方式です。

このため一般的な取引所における取引板の見かたや注文の約定方法など
取引所での取引操作に慣れるまでは敷居が高く感じてしまう方や、
まどろっこしい操作を覚える前に仮想通貨が欲しい!という人にとって、
目的のコインを手っ取り早く購入するには、この販売所方式というものはとても分かりやすい方式だと言えるでしょう。

ちなみにモナコインを取り扱う取引所/販売所は

  • 販売所:bitFlyerアルトコイン販売所、コインチェック、Zaif簡単売買
  • 取引所:Zaif取引所、bitbank.cc
  • (※いずれも日本円での販売/取引に対応)

といった感じで分かれており、ひととおりの操作を覚えてから取引所での取引にチャレンジする、といった使い分けも可能です。

もちろん、利用する取引所をひとつに絞る必要はありません。それぞれの取引所ごとに取り扱うコインの種類が異なっており、メリット、デメリットを理解した上で立ち回りに活かしてみるのも良いかもしれませんね。

取扱い通貨の種類が多い

モナコインはコインチェックでの販売所による入手方法以外にも、bitflyerアルトコイン販売所やZaif簡単売買といった、取引板を使わずに通貨が購入できるところも存在しますが、
コインチェックは上の二つに比べて取り扱う通貨の種類が多いのが魅力的なところ。

コインチェックではビットコインやイーサリアムを加え、
ライトコインやNEM、リップルといった人気の仮想通貨を合計で10種類取り揃えています↓

それぞれが世界的に取引高の高い(※FCTを除けばコインマーケットキャップの取引高で100位以内)有名な銘柄ばかりですので、
モナコイン以外のアルトコインに興味がわいた際も、安心して気軽に購入ができるのもグッド。

取り扱う銘柄に関しては、国内取引所のいいとこ取りをしたような取引所(販売所)と言ってよいかもしれません。

ただし価格の安さでは取引所での取引価格に劣る

ユーザーと直接売買を行う取引所とは異なり、販売所ではコインチェックが保有するモナコインを直接購入することから、コインチェック側の売り上げが手数料として加えられるために、取引所の価格に比べて価格が割高(※売却時は割安)となります。

取引状況によっても変わりますが、その金額はおよそ購入価格の2~5%程度。
1万円ぶんのモナコインを購入したら、無条件で400円程度資産を失うことになります。

モナコインの取引量自体が多いため、bitbank.ccやZaifの取引所を利用すれば手数料によって失われる資産は1%未満に収まる場合が大半であり、シビアに資産を管理する人にとってはこの差は決して無視できるものではありません。

 

コインチェックには現在ビットコイン以外の取引板が存在しないため、
できるだけモナコインを安く購入したい!という方は、bitbank.ccやZaifの取引板を利用して入手するようにしましょう。

モナコインを購入してみましょう

少し前置きが長くなりましたが、
ここではコインチェックでモナコインを購入するための手順をご紹介したいと思います。

大まかな段階としては、

  1. コインチェックでアカウントを作成
  2. 本人確認のための書類をアップロード
  3. 書留の到着を待つ間に二段階認証を設定
  4. 書留を受け取り本人確認が完了
  5. 開設された口座に日本円を入金してモナコインを購入

↑このようなステップです。

1.コインチェックのアカウントを作成

Webキャプチャーの画像

まずはコインチェックの新規アカウントを作成しましょう。

公式サイトにアクセスしトップにある新規登録の項目から、メールアドレスと任意のパスワードを送信します。

登録確認のメールが届きますので、
メールに記載されたURLリンクを踏めばアカウント登録完了です。

 

 

しかしながら
この段階では日本円の入金はできず、モナコインを購入することはできません。

作成したアカウントが日本円の入金を受け付けるようにするためには、
次の本人確認画像をWebページからアップロードする必要があります。

 

2.アップロード画面から本人確認書類を提出する

2017年の3月から国内取引所で仮想通貨の口座を開設する際は、改正資金決済法(仮想通貨法)により本人確認が必須となりました。

 

コインチェックでは免許証といった写真付き身分証の裏オモテその書類を持った本人のバストアップ画像を、それぞれ専用ページからアップロードします。

↓以下のような画像をスマホなどで撮影し、コインチェックのアカウント『本人確認』ページより送信します。

人物の写真 免許証の画像
免許証の画像※上記3画像はすべてコインチェックのウェブサイトより

 

 

コインチェックに送信された画像は手動で確認されるため、承認までに少し時間がかかります。

日数にしておよそ1~2営業日ほどでしょうか。

 

なお、提出書類が承認されますとコインチェックの一部機能が利用可能となりますが、
この段階でも口座への日本円入金はまだ行えません。

 

住所確認の書留が到着するまで、ここはガマンして待ちましょう。

 

3.書留到着までの空いた時間に、二段階認証を登録しておきましょう

アカウント登録時に入力したメールアドレスとパスワードだけでは、
取引所に預けた資産を安全に守ることはできません。

取引所の資産を守るためのセキュリティ対策としては、スマホによって生成されるユニークキーを取引所アカウントと紐付ける、二段階認証アプリを利用するのが一般的となっています。

 

Googleアプリの画面

ということで
本人確認の承認、あるいは書留の到着を待っている間にでも
スマホのgoogle二段階認証アプリを登録しておきましょう。

 

コインチェックではこの二段階認証によるセキュリティ対策を任意に薦めていますが、
セキュリティーの強度が飛躍的に高まりますので、必ず登録するようにしましょう

あわせて読みたい
【セキュリティ対策】コインチェック(coincheck)で、サクッと二段階認証を設定する方法※2018年1月追記:コインチェックで起きたNEMの不正出金事件から、アルトコインの売買が出来ない状態です。コインチェックのご利用は、取...

 

 

4.到着した書留にサインして本人確認完了

書留の画像

本人確認提出書類の承認が得られたら、
入力した住所に誤りがないか、コインチェックからユーザーの入力した住所へ郵便書留が発送されます。

早くて1週間程度で書留が届きますので、サインをして受け取りを済ませましょう。

コインチェック側で書留の受け渡し確認が済めば晴れて本人確認が完了し、日本円の入出金をはじめとしたコインチェックのすべての機能が利用可能となります。

 

5、アカウント口座に日本円を入金してモナコインを購入

出来上がった口座に早速日本円を入金しましょう。

入金方法は銀行振込コンビニ入金の2種類がありますが、
手数料もそこそこ安く(※~30000円入金で800円ほど)てアカウントへの入金時間の短いコンビニ入金をオススメします

コンビニ支払いから大体1時間ほどで、アカウントに日本円が入金されます。

 

あとはお好きなタイミングでモナコインを買うのみです。

取引所の画面1

取引画面左側メニューの『コイン購入』から

取引所の画面2

購入するコインの種類をMONA(モナコイン)に切り替え、
買いたいモナコインの数量を入力するだけでOK。

もちろん、通貨の数量は小数点であっても大丈夫です。

 

取引所の画像3

高値掴みしないようにチャートを追ってみたり、
モナコインに関するトピックを調べたり
モチベーション維持の意味も込めて、最初の一歩こそ慎重にいきたいところですね!

 

まとめ

今回はコインチェックでのモナコインの購入手順について
アカウントの登録方法からひと通りの手順をご紹介しました。

コインチェックのアカウント自体はすぐに作れるのですが、
日本円の入金を可能にするために、提出した本人確認書類の承認作業と住所確認書留の受け取る段階で、少しばかり待ち時間が必要となります。

 

手数料の安さでは他の取引所に少し劣りますが、
ビットコインやモナコイン以外の銘柄(アルトコイン)も気になっている方は
取扱い通貨の種類が豊富なコインチェックから始めてみるのも悪くありません。

 

 

ちなみに今回の取引所の登録手順ですが、
bitFlyerZaifといった
他の国内取引所での登録時もだいたい同じ内容で転用できます

 

本人確認の提出で撮影した画像もそのまま流用できるところが多いので、
気になる取引所があったなら、いくつか登録を済ませておくと良いかもしれません。

 

それでは

楽しい仮想通貨ライフを!!

 

コインチェックの登録はコチラからどうぞ!

 

お金エンターテイメント
コラム・新着記事をLINEでお届けします

仮想通貨やフィンテック案件の、独自企画や調査・実験報告などが中心のコラム・新着記事を、LINEにお届けしています。

友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です