※コインチェック取引所は『2018/1/26の不正出金』事案中のため、過去記事を読まれる際はご注意ください。
被害金額は全額弁済されるようですが行政処分の可能性が残るため、同じくNEMを扱う人気取引所『Zaif』がオススメ(解説記事へ)

COMSA(コムサ/CMS)

【ICO】COMSAトークンCMSの公開、上場情報や価格についてのまとめ

投稿日:

いろいろと憶測が飛び交うCOMSA。購入したはよいもの入手したCMSについてどうすれば良いのか、売れないのか?といったトークンに関して気になる点をお持ちの方も多いかと思います。今回はCOMSAのトークンCMSが仮想通貨取引所で売買できるようになるための、CMS上場について調べてみました。

※2017/12/4追記

無地、comsaがzaif取引所に上場されました!
最初の数時間こそ、ICO価格割れしたものの、その後徐々に回復し、
執筆時点の4日夜は、150円前後の値をつけています。

上場後の取引所における買い方については
コチラに記載しておりますので参考にされてみてください。

上場情報など追加ニュースなしに1.4倍程度なので、
なかなk良いパフォーマンスではないでしょうか。今後に期待した。

そして、
安定のサーバーダウン

成長市場・ベンチャーならではということで!

 

comsa(コムサ/cms)の売買は、
日本ではZaif取引所のみ。

今後、
ICO案件のニュースや、他取引所への上場によって、
ゆるやかに価格を上げていって欲しいものです。

 

以降は上場前の情報です↓

※2017/11/27追記

11/27より各対応ウォレットにおけるCOMSAの受け取りアドレス登録、
11/30より送金処理が可能になる(予定)との発表が行われました。

 

トークンセールダッシュボードからウォレットまたはZaif取引所へのCMS送信方法につきましては
Zaif取引所にて詳しい手順が掲載されておりますのでご確認ください。

 

取引を予定している方はトークンセールダッシュボードからZaif取引所へのCMS移動を、
保管を予定している方はトークンセールダッシュボードから各種ウォレットへCMS移動の準備をしておくと良さそうですね!

 

 

 

また併せて同日Zaifでの公開、トークン上場に関するアナウンスも行われるとのこと。

12/4よりZaif取引所にて「CMS:XEM/JPY」「CMS:ETH/JPY」の取引が開始されるとのことです。

詳細が判明次第、当記事でお伝えしようと思います!

 

開発マップ、どうやら間に合っていないようですね。

国内大手の開発、取引所とはいえ、
ブレブレの印象が板についてきたのではないでしょうか・・・

今度こそしっかりとした発表を期待しています。

なんとか頑張ってくれてるみたいです;

 

 

※2017/10/31追記

いよいよCMSの取引所上場がアナウンスされました!
詳細は下に記述しております。

 

COMSAのトークンCMSについて

COMSAの公式ページはコチラ

日本語の公式ツイッターもあります。

ICOについてざっくりとおさらい

ICOはInitialCoinOffering、新規公開コインの略であり、
取引所に公開(上場)される前のトークンを購入できる
期間限定、あるいは数量限定の先行セールを指します。

 

 

COMSAのICOは

  • 10月2日14:00から
  • 11月6日14:00まで

また過去のICOの例にならって、
タイムボーナスを導入しており

  • 1ラウンド:発売日10月2日~10月4日までに購入すると購入CMS数に14%のボーナスが付与
  • 2ラウンド:10月4日~10月11日までに購入すると購入CMS数に10%のボーナスが付与
  • 3ラウンド:10月11日~10月25日までに購入すると購入CMS数に5%のボーナスが付与
  • 4ラウンド:10月25日~終了日11月6日はボーナス付与無し

早期購入すればするほどオトクに手に入る、
いわゆる買い煽りも健在です。

※時間はいずれも14:00区切り。サーバーダウンによって期間が延長されているものもあります。詳しくは公式を確認されてみてください。

 

 

ICOでは取引所にて取引が行われていない
公募価格のトークンを購入することができる反面、

これは言い方を変えると、
ICO終了後から取引所へ上場されるまでに、
ICOトークン、つまりCMSの売却ができないということでもあります。

 

最近ではICOの開催が激増し、
取引所にいつまで経っても公開されないトークンや
上場後に公募価格を下回るいわゆる公募割れ、ICO割れのトークンも増えてきたので注意が必要です。

 

トークンCMSの上場が予想される仮想通貨取引所

現在のところは、
COMSAの開発元であるテックビューロが同じく運営を行う
ZaifExchangeで上場されるのではないかと方々で予測されていますね。

 

ただこれはあくまでも予測であり、
上場が正式に決定してるわけではありません
(CMSは取引所で売買できず、COMSAシリーズICOのトークン購入にしか使えない、といった可能性も十分に考えられます)

 

ZAIFはとにかくサーバーが貧弱なので
海外の参加者向けにBittrexやPoloniexあたりでも同時に上場したほうが良さそうな気もしますが、

ZAIF取引所自体が海外ユーザーも受け入れているあたり、
あまり望めそうにありませんね(取引手数料とりっぱぐれるとか言いそう・・・)。

 

将来的な鯖落ち対策と流動性の確保は向上して欲しいところです。

 

2017年10月31日追記:CMSの取引所での取り扱いが発表されました!

Zaifでの取り扱いが正式にアナウンスされ、
順調にいけば11月の末には取引が可能となるようです。

あとはCOMSAの導入企業が発表されれば本格始動ですね。

このあたりの発表も待ち遠しいところです。

 

CMSっていつ売れるの?

現在のところは不明です。

セールの終了あたりで何らかの発表はあるかと思われますが、
この「いつ売れるのか」という不安は、どんなICOでも付きまとうところですね。

2017年10月31日追記:

COMSA公式よりZaifでのCMS取扱いが正式に発表されました!

2017年の11月末より開始とのことです。

 

できたてほやほやの韓国取引所でCMSが上場されるかもしれないとのことですね。

韓国の取引所利用にはおそらく国民番号(日本で言うところのマイナンバー)が必要になるため
日本人(外国人?)によるCoinRoomアカウントの開設は難しいかと思われますが、

ZAIFでもメタップスのトークンが仲間入りするかも?という
相互上場のようなハナシが出てきているようです。

肝心のZAIFへの上場が
如何なるものか発表されないところがもどかしいですね。

 

 

少なくともICOが開催されている間に
取引所へ上場することは無いかと思われます。

 

CMSの価格はどうなるの?

言うまでもありませんがCMSの価値=価格とは
テックビューロの頑張りとユーザーの期待次第ではないでしょうか。

 

話題性のある企業であったり、
面白いアイデアを持っていたり、
市場を見越したブロックチェーン導入企業が多数参入し、ボーナスを持つCMSの需要が増えれば

それなりの時間は時間はかかるかもしれませんが、
CMSの価値は高まるでしょうし、その逆もまた然りです

 

 

とはいえ、現状のところは

  • トークンボーナスが5%と弱く、かつトークンとしてのプレミアムが乏しい&CMSが欲しい人は11月6日までにいくらでも購入可能→上場後に取引所での買いが見込めない
  • 参加企業の目玉のひとつであったキャンプファイアがCOMSAシリーズICOを辞退&現在COMSAシリーズICOの案件がゼロである(=トークンとしての使い道が不明瞭である
  • COMSAのICO開催時に起きた一連のごたごた(キャンプファイア辞退&サーバーダウン)に対して、テックビューロの対応がややお粗末な感が否めない

このようなこともあってか、
方々を意見を見回してみたところ
あくまでも個人的な感想として、現在は売り圧力が少し強いようにも感じられます。

 


TBさんしっかりと報告お願いしますよ!

 

もちろんCOMSAの発表によってはいくらでもどんでん返しが起こるので、
現状はなんとも言い切れないところであります。

 

まとめ?

 

ICO初日からバグが出たりサーバーメンテナンスが続いたり
参加企業が無くなるといった心配ごとが続きましたが、
それでも売り上げのスタートダッシュはなかなかのものです。

 

これだけの期待を受けているからこそ、
ICO開始直後の悪い話題を吹き飛ばすような
テックビューロからのニュースを期待したいところ。

 

一足速くICOを終えた海外のICOプラットフォームICOBoxでは
トークン所有者によるICO投票も実装され、
面白そうなICOが次々と発表されています。

(公約の平均75%オフどころか、現状80%以上のオフで突き進んでくれています)

 

個人的には

  • いつ取引所への上場が行われるのか?
  • どのような企業がCOMSAのシリーズICOへ参加検討しているのか(上場企業ということで名前は出せないそうですが・・・トークン保有者は二の次なのかな?)

このあたりが皆さんとくに気になっているところだと思うので、
テックビューロもslackでのBAN作業など置いといて
ICOBoxくらいに楽しめる盛り上がりを作ってほしいところですね!

ブログ更新通知を受け取る(無料)

↓仮想通貨-ビットコイン投資で稼ぐ人のメールマガジン(無料版)↓

メルマガ@マネオラ

『ブログ更新通知』と、ほぼ毎日『仮想通貨投資コラム』を配信中。まだ億れてはいませんが、参考になるかもならないかも


 

↑送信後に確認メールが飛びますので、認証URLをクリックして登録完了です。

マネオラ編集の注目案件

 当ブログの運営者が注目している、仮想通貨・フィンテック投資案件をピックアップ

Zaif(NEM/MONA/COMSA等、人気銘柄+自動積立◎)

素人の売買はプロの養分。そんな心配を無くしてくれる、仮想通貨の自動買い付け・定期積立がすばらしい国内3大取引所のひとつ。日本円で最安&国内大手でNEM(XEM)・COMSA(CMS)を買うなら筆頭候補。運営会社のテックビューロは、日本でもっとも資金を調達したICO、COMSAの運営元でもある。

DMM Bitcoin

ローラのCMでおなじみのDMM参加の取引所。Bitcoinやイーサリアムのみならず、あのNEMやリップル、ライトコインなどアルトコインの、レバレッジ取引(5倍)に対応!大手資本で安心か

Bankera-バンクエラ(海外ICO/トークンセール)

【トークンセール開催中】既に配当報酬が配布されるなど、きちんと動いている感のあるICOの『Bankra-バンクエラ』。次世代銀行の出資者になって、配当イーサリアムをゲット。ICOブームは終わったと言われる中、堅調に参加者・資金を集めています。

Changelly(仮想通貨の一括両替サービス)

ビットコイン→イーサリアム、リップル→NEO、DASH→BATなど、マニアックなアルトコインも対応の一括両替サービス。コインチェックよりも格安&簡単に通貨種を変えれます。

bitFlyer(国内3大取引所、取引高No1)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最安&国内大手でビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ買うなら筆頭候補。業界初TVCMを放映した日本を代表する取引所。(口座開設&維持は無料)

モッピー(ビットコイン無料入手ポイントサイト)

モッピー!お金がたまるポイントサイト

東証一部上場企業が運営する、ビットコインを無料で入手できるポイントサイト。コインチェック&bitFlyerと日本の二大取引所で、ビットコインをゲット。

maneo(大手ソーシャルレンディング)

仮想通貨に疲れたら、放置で楽ちん年利5〜8%を狙う、ソーシャルレンディングのリーディングカンパニー。うちのブログに名前が似てますが、maneoさんは実績9年の大先輩。わたしも35万円ほど運用中。2〜3万円と少額からトライできます。

定番ハードウェアウォレット Ledger Nano S

取引所に預けるよりも安全に仮想通貨資産を管理。ビットコインやイーサリアム、リップル、ライトコイン、ERC20系トークンまでカバーする定番ハードウェアウォレット。詐欺業者も多いため、購入の際は、メーカー直販か正規代理店を利用しましょう。

-COMSA(コムサ/CMS)

Copyright© Maneora , 2018 All Rights Reserved.