Bitcoin(ビットコイン/BTC) 仮想通貨

『ビットコイン』と『仮想通貨』の違い

更新日:

ビットコインで調べていると、

 

必ずといってよいほど
仮想通貨』という単語が出てきます。

それって一体、
なんなのでしょう?

 

 

 

ビットコインは仮想通貨の一部である

カンタンにご説明すると、

 

仮想通貨とは

私たちが投資をしているカテゴリであり
ビットコインは数ある仮想通貨のうちのひとつなのです。

 

 

 

イケメンアイドルを例にしてみましょう。

 

ジャニーズ事務所(投資)という分野のなかに

SMAP(仮想通貨)や

TOKIO(株)や

関ジャニ(FX)

 

といったカテゴリが存在し、

 

 

 

SMAP(仮想通貨)のなかに

 

キムタク(ビットコイン)や

中居クン(イーサリアム)や

香取クン(リップルコイン)といった

 

様々なタレント(銘柄)が存在するような感覚ですね。

 

 

 

仮想通貨の種類(コイン銘柄)は
現在、約300種類ほど存在しており、

 

 

とりわけ人気なタレントがキムタク(ビットコイン)というワケです。
(最近は中居クンことイーサリアムも人気です)

 

 

ビットコインを購入することができる仮想通貨取引所では
ビットコイン以外の仮想通貨(例外はありますがこれをアルトコインと総称します)の人気も上がってきたことから

 

 

さまざまな種類のアルトコインを
ビットコインと同時に取り扱うところが増えてきました。

 

 

 

なんで種類がたくさんあるの?

すべてをビットコインで済ませれば?
という意見もありそうですが、

 

アルトコインはビットコインに無い強みを押し出しており

それぞれの分野で活躍できるよう、
特化された性能を持っているのです。

 

その一部を
ご紹介してみようとおもいます!

 

 

 

リップル(XRP)

日本人が大好きな通貨リップル(XRP)です。

 

二国間の通貨を安く&素早く受け渡しするブリッジ(橋渡し)通貨として機能し、
開発元であるリップル社の金融システムの血液として採用されます。

 

今までのビジネスマンは
銀行を通じて高価な国際間手数料を払っていたり
1週間も待たされるような送金ラグに苦しめられてきましたが、

 

リップルのシステムを取り入れれば
それが激安&一瞬になるのです。

 

 

Factom(ファクトム/FCT)

保険や医療の膨大なデータを
Factomがアレンジした仮想通貨の仕組み(元のしくみをブロックチェーン技術と呼びます)で管理することで

悪意ある書類の改ざんを防止したり、

盗み見といった情報の漏洩を防止し、

さらには情報を管理する経費(人件費や設備費、管理費)も削減できるようにした通貨システムです。

 

仮想通貨としてのファクトムは、
このブロックチェーン技術の一部を利用しているにすぎません。

 

ちょっと分かりづらいかもしれませんが、
とりあえず、医療とか保険に特化してるんですね。

 

 

 

Zcash

Zcash(ジーキャッシュと呼ばれます。通貨コードはZEC)は
完全匿名通貨として生み出された通貨です。

ブロックチェーン技術を用いながらも
現実のお金のように

 

・即座に手渡しできるような高速性

 

・そして通貨の追跡を不可能とした完全匿名性

 

に特化した仮想通貨です。
(似たような特性を持つ通貨にMoneroやDASHというコインがあります)

 

 

 

Augur

Augur(オーガ、通貨コード:REP)は

ブロックチェーン技術を応用した
未来予想市場で流通させるための通貨です。

 

未来予想市場というのは
言ってしまえばギャンブル(Augurはギャンブルではないと公言しておりますが・・・)であり、

 

Augurシステム上で

 

・次の大統領はだーれだ?

・どっちが優勝するか?

・このあとはどちらに転ぶか?

 

といった未来予想を自由に設定することができるようになる、
未来予測市場の自由化を目指したブロックチェーンなのです。

 

 

システムの配当や承認はブロックチェーンが行うため、
胴元の人件費や設備費といった中抜きが存在せず、

実質的に100%のフェアな予想が可能となります。

 

ブロックチェーンの世界では
当然、インチキも不可能です。

 

 

 

まとめ

有名なコインをざっとご紹介しましたが

これら、明確な開発意図を持つコインはアルトコインと呼ばれる一方で、
なかには開発意図の無い、投機目的のコイン(草コインと呼ばれます)や
詐欺目的で生み出された詐欺コインも多数存在します。

 

 

海外の取引所で購入可能な草コインは
まれに爆発的に価値を上げたりしますが、

その大半が鳴かず飛ばずであり、
ビットコインやアルトコインよりも

よりギャンブル性の高いコインとして知られています。

 

 

ビットコインだけでなく
アルトコインに興味を持たれたのであれば、

国内取引所では人気のcoincheck
きちんとした実績のある人気アルトコインを多数そろえており
オススメできる取引所です。
(※上でご紹介したコインも、もちろん購入可能です)

 

 

ビットコインとその他の仮想通貨、
その特性はさまざまですので
それぞれの値動きなどを見てみると面白いですよ!

ブログ更新通知を受け取る

↓仮想通貨-ビットコイン投資で稼ぐ人のメールマガジン↓

メルマガ@マネオラ

『ブログ更新通知』と、ほぼ毎日『仮想通貨投資コラム』を配信中。まだ億れてはいませんが、参考にはなると思います。


 

↑送信後に確認メールが飛びますので、認証URLをクリックして登録完了です。

マネオラ編集の注目案件

 当ブログの運営者が注目している、仮想通貨・フィンテック投資案件をピックアップ

Zaif(自動積立が◯)

素人の売買はプロの養分。そんな心配を無くしてくれる、仮想通貨の自動買い付け・定期積立がすばらしい!最安&国内大手でNEMを買うならココ。運営会社のテックビューロは、日本でもっとも資金を調達したICO、COMSAの運営元でもある。

Bankera-バンクエラ(海外ICO/トークンセール)

【トークンセール開催中】既に配当報酬が配布されるなど、きちんと動いている感のあるICOの『Bankra-バンクエラ』。次世代銀行の出資者になって、配当イーサリアムをゲット。ICOブームは終わったと言われる中、堅調に参加者・資金を集めています。

Changelly(仮想通貨の一括両替サービス)

ビットコイン→イーサリアム、リップル→NEO、DASH→BATなど、マニアックなアルトコインも対応の一括両替サービス。コインチェックよりも格安&簡単に通貨種を変えれます。

コインチェック(取引高日本一の取引所)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyerを抜いて取引高日本一になった大手取引所。ビットコインやイーサリアム、NEMなど有名通貨はもちろん、国内大手ではここだけの、Lisk・Monero・Zcash・DASHなど、全13種の厳選通貨を売買できます。(口座開設&維持は無料)

bitFlyer(国内3大取引所のひとつ)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最安&国内大手でビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ買うなら筆頭候補。業界初TVCMを放映した日本を代表する取引所。(口座開設&維持は無料)

モッピー(ビットコイン無料入手ポイントサイト)

モッピー!お金がたまるポイントサイト

東証一部上場企業が運営する、ビットコインを無料で入手できるポイントサイト。コインチェック&bitFlyerと日本の二大取引所で、ビットコインをゲット。

maneo(大手ソーシャルレンディング)

仮想通貨に疲れたら、放置で楽ちん年利5〜8%を狙う、ソーシャルレンディングのリーディングカンパニー。うちのブログに名前が似てますが、maneoさんは実績9年の大先輩。わたしも35万円ほど運用中。2〜3万円と少額からトライできます。

-Bitcoin(ビットコイン/BTC), 仮想通貨

Copyright© Maneora , 2017 All Rights Reserved.