Ripple(リップル/XRP)

【android版】bitbank.ccの公式アプリがどんなものか調べてみた。リップル(Ripple/XRP)やライトコイン(Litecoin/LTC)売買・取引におすすめ(ウォレットではないよ!?)

取引高世界1位の牙城は崩されたものの、
依然として高いRipple(XRP)取引高を誇る取引所。

今回はそんなbitbank.cc(ビットバンク)が提供を行う
Android用アプリケーションについて調べてみました。

出先でのリップル・ライトコインなどの取引やコイン操作に
ぜひご活用されてみてください。

なお、
bitbank.ccのスマホアプリを、「リップル(Ripple/XRP)やライトコイン(Litecoin/LTC)の仮想通貨ウォレット」と思っている方も多いかも知れませんが、厳密にいうとウォレットではありません。
(bitbank.cc(ビットバンク)アプリは取引所の自分の口座を遠隔操作するもの。自分専用のウォレットとは異なる)

そこらへんもこの記事の後半で解説しますので、ぜひご参考ください!

bitbank.ccのAndroidアプリとは?

国内ではリップル(XRP/JPY)のほかに
ライトコイン(LTC/BTC)の取引板を持つ取引所として
メインとしてもサブ取引所としても活用されているbitbank.cc(ビットバンク)

bitbank.ccでは他社取引所と同じく
スマートフォン向けの公式アプリケーションが公開されています。

 

取引所の利用者にとっては
急な変動に合わせて出先で取引を行ったり
入出金といった通貨に関する操作を行う際の必携とも呼べるアプリです。

コチラのアプリはAndroid用のほかに
iPhone用のバージョンも公開されていますが
今回はAndroid用のUIで見てみたいと思います。

(※操作に大きな違いはありません)

おすすめポイントその1

パソコン上(PCブラウザ版)の操作と比べて違和感の無い設計が定評で
仮想通貨レンディング(貸して増やす)などの関連サービスもそのまま利用できます。

bitbank.ccではちょくちょく取引手数料無料キャンペーンを行っており
取引板ならではの価格の安さとあわせて
ちょっとした空き時間に取引を楽しむには相性の良いアプリとなっています。

 

ローソクや時間足、テクニカルインジケータ、
取引所機能も1クリックでアクセスが可能。

ブラウザ上での操作と比べて
読み込み時間も少なく快適です。

おすすめポイントその2

bitbank.ccならではの良さを
出先でそのまま扱えるのがこのアプリの強みであり

つまりはリップルやライトコインを取引板で取引できるというのが
他の取引所アプリにはない大きな魅力ではないでしょうか。

スマートフォン上でコインチェックやBitflyerを利用すれば
外出先でこれらの売買は可能なのですが
bitbank.ccは唯一、両通貨それぞれ取引板を持つため
わずかなスプレッドだけ、つまり資産を目減りさせずにこれらの入手売却が可能となるのです。

 

ちなみにbitbank.ccでは、ビットコイン/円のほかに

  • リップル/円
  • ライトコイン/ビットコイン
  • イーサリアム/ビットコイン
  • モナコイン/円
  • モナコイン/ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ/円
  • ビットコインキャッシュ/ビットコイン

といった通貨ペアを取り扱っており
もちろん、アプリ上でこれらの通貨の取引や管理が可能となっています。

おすすめポイントその3

bitbank.ccアプリの強みに
他社には無いチャートの見やすさと
豊富なテクニカルインジケータ(約80種)が用意されている点も挙げられます。

遠方であったり長期の外出でしばらくパソコンが扱えないといった状況でも
PCでの操作性に近い本格的な環境で取引に専念することが可能です。

帰省時のヒマつぶしにZaifのAndroidクロームブラウザで取引をしていましたが
操作性やレスポンスがかなり悪く
このあたりは専用に設計されたアプリの強みを実感することができるのではないでしょうか。

ここが惜しい!(惜しいポイント)

取引状況によっては注文が通りにくい!

出来高はいいし手数料もないのはいいが。 出来高急騰時に値動き激しくなるのに買えない売れないでは機会損失が半端ない。 最早トレードできないツールレベル 早急に改善しないと顧客消えるよ

引用:play.google.com

 

鯖弱すぎて詐欺に等しい 解約しました

引用:play.google.com

 

売り買いの迅速な対応ができていない。 これでは取引にロスがでて困る。 一分一秒も無駄にできないのに…。 改善してもらいたいです。 信用失いますよ。

引用:play.google.com

他社のアプリでも似たような挙動なのですが
bitbank.ccのアプリにおいても通貨の急な変動時は
取引がうまくできない、といった声も上げられています。

このあたりはアプリの重さ、というよりも
取引サーバー本体のトラフィック(負荷)問題に起因しているようで、
板でアルトコインを取引できたり
優秀な操作性やテクニカルを備えているといった強みがあるのにもったいないところです。

こういった基本的な点は
しっかりと補強していただきたいところですね。

 

ウォレットアプリとの併用も選択としてアリ

bitbankアプリはウォレットではない点に注意!

多くの取引所アプリで言えることなのですが
スマートフォンで通貨が操作できるからといって
スマホの中に通貨が保管されている(=ウォレット)わけでは無い点にご注意ください。

アプリといえどもPC版と同じく、
あくまでbitbank.cc側のユーザーウォレットを遠隔操作しているに過ぎず

Zaifやコインチェックと同じく
bitbank.ccサーバーがハッキングされれば過去の事例と同じような被害であったり
取引所側による制限、いわゆるカウンターパーティリスクを被る危険性があります。

 

セキュリティに強いビットバンクだとは言われてますが
このあたりはリップルやライトコインに対応した各種ウォレットをインストールしておき
取引に使わない分はそちらに送金しておく、という方法を取るとより安全でしょう。

(取引資産の規模にもよります)

bitbank.cc取扱い通貨に対応するモバイルアプリはコチラ

スマホにモバイル対応のいわゆるローカルウォレットを準備すれば
同一スマホ上でコインのやり取りが完結しますし
アルトコインの送金料手数料自体が安いため(2018年11月現在、XRP=8円、LTC=6円程度です)相性も良好です。

また、XRPをはじめとした
ビットコインを除いて送金時間が優秀な通貨も多いため
送金時のストレスを感じることも少ないハズ。

以下では、bitbank.ccで取り扱う通貨に対応した
モバイルウォレットをご紹介しておきます。

Ginco(ギンコ)

唯一MONAコインが対応していませんが
bitbank.cc取扱い通貨を保管するモバイルウォレットであれば
国産のマルチウォレットであるGinco(ギンコ)あたりが広く対応して良さそうです。

Coinomi Wallet(コイノミウォレット)

MONAコイン用のウォレットであれば
Coinomi Wallet(コイノミウォレット)がAndroidに対応しています。

Coinomi WalletではMONAのほかに
ビットコインやイーサリアム、
ライトコインにも対応しています。

まとめ

優秀な通貨ペアを板取引でオトクに取引可能であり
操作性も上々なbitbank.ccのアンドロイドアプリ。

取引サーバーの弱さが指摘されている点での不満もありますが
出先でのヒマ潰しであったり
ビットコインやアルトコイン(←ここが大事)の本格トレードを行いたいのであれば
お試しの価値は大いにあるのかなと思うところです。

bitbank.ccアカウントをお持ちの方は
お試しになってみてはいかがでしょうか?

 

bitbank.ccの登録はコチラからどうぞ!

 

ちなみに、

下記記事ではbitbank.ccのアカウント登録方法について解説しています。

これからbitbank.ccで取引を始めたいという方は
ぜひ参考にされてみてください。

あわせて読みたい
【解説】ビットバンクの登録・口座開設手順をやさしく解説します(bitbank/取引所)この記事では、 ビットバンク(bitbank.cc)の 登録・口座開設をしたい方を対象に、 その手順を 5つのステップに分け...

 

お金エンターテイメント
コラム・新着記事をLINEでお届けします

仮想通貨やフィンテック案件の、独自企画や調査・実験報告などが中心のコラム・新着記事を、LINEにお届けしています。

友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です