coincheck(コインチェック)

【仮想通貨】コインチェックはいくつから?何歳から使えるのか調べてみました

大学に入ったばかりでまだ成人してない方や、高校在学中の18歳未満の方には仮想通貨へ興味をお持ちの方もいらっしゃるとか思います。今回はそんな方を対象にコインチェックが何歳から利用できるのか、調べてみました。

コインチェック、子どもからでも大丈夫?

ツイッターやネットの生放送を見ていると、
大学生はもちろん、中には高校生がブロックチェーンや、
現在の注目コインについて議論を交わしたり驚かされます。

 

時代は変わりましたねー!

 

という前に疑問に思ったのが、
未成年が仮想通貨を取引しても大丈夫なのだろうか、というところです。

クレジットカードなんかは
18歳以上(学生不可)という制限があったりするので、
お金が絡む仮想通貨も制限があるように思えます。

 

一体何歳から利用できるの?

年齢制限はあるの?

 

という疑問をお持ちのかたいらっしゃるかもしれません。

 

今回は、そんな方々の疑問を解消するために、
コインチェックの年齢制限についてなど
書かせていただきたいと思います。

せっかく仮想通貨投資を始めようと思って資金を用意していたのに、
年齢制限でできなかった、
となってしまったはたまりませんからね。

 

それでは早速書いていきたいと思います。

 

 

投資に関しての年齢制限は?

株式の場合、
現物取引であれば未成年でも可能ということになっています。

 

手放しにOKというわけではなく、

親の承認を得て、
さらに親の責任の上で取引を行うということで
それが可能になっています。

 

また、FXに関しても
取引の方法によって年齢制限が設けられていることがあります。

18歳から可能なものも存在するようです。

どちらかというと、
多くの人が取引をするということに寛容な感じですよね。

 

では、仮想通貨はどうなっているのか?
ということですね。

 

仮想通貨に関しましては、
実は年齢制限が存在します。

成人になっていない人は
仮想通貨の取引ができないのです。

引用:Coincheck 利用規約

このように
利用規約にも未成年者は拒否する可能性があると書かれていますよね。

 

 

年齢を偽ることも不可能!

年齢制限があるなら、
成人っていうことにしちゃえばいいじゃん!

ということですが、それは不可能です。

 

コインチェックビットフライヤーなどの日本の大手の取引所だけでなく、
海外の取引所にも本人確認をする過程が存在します。

現住所の分かるものや、
顔写真付きのもなど、
かなり厳重に行われているので、年齢を偽るということはできません。

 

さらに、本人であるということの確認を完了しなければ、
日本の銀行口座に入金することができません。

 

ですので、
仮想通貨取引をするにあたって、
本人確認は必須なのですね。

 

 

じゃあどうすれば良い?年齢制限を突破する方法は?

年齢も偽れないし、
未成年はダメということだったら、
絶対に未成年は仮想通貨の取引ができないの?

ということになってしまいますが、
実は突破する方法があります。

 

親の承認を得ることができれば、
未成年でも仮想通貨取引をすることができるのです。

 

ではどうやって
取引所に親の同意を伝えればよいのでしょうか?

 

未成年が
コインチェックからの承認を得るまでの手順としては簡単です。

左上の取引所の隣にある
ウォレットをクリックします。

その中の本人確認というところをクリックして、
本人確認書類の提出をクリックします。

引用:Coincheck 公式

本人確認の書類の写真を送信する項目まで進めると、
同意書をダウンロードというボタンが現れると思います。

 

そのボタンをクリックすると、
PDFファイルでこのようなものがダウンロードできると思います。

これの記入を完了し、
本人の顔写真付きの証明のところに
一緒にアップロードして送信すればOKです。

 

このような手順で
未成年の方でも取引を可能にすることができるのです。

 

 

コインチェック以外でも未成年でも取引ができる?

現在日本の取引所で未成年でも取引ができる取引所は、
ビットフライヤー
Zaifの二つみたいですね。

 

もう少し小さい取引所なども調べれば
未成年でも取引ができる場所がありそうですが、

有名どころはこの二つのみですね。
(この3つで国内はあらかたカバーできるので問題無いでしょう)

 

ビットフライヤーやZaifも同じように
書類を提出することによって
取引所側の承認を得ることができます。

 

 

まとめ

結論から言いますと、
コインチェックやその他取引所で仮想通貨の取引をする際には
年齢制限があるということでした。

しかし、
未成年であっても親の同意さえ得ていれば
取引が可能というのは意外でしたね。

これだけみると、
日本は仮想通貨取引に
かなり前向きなことがわかりますね。

 

一つだけ未成年の方に注意して欲しいのは、
「取引するのは本人だけど、責任は全て保護者にある」ということです。

何かあった時の責任は全てあなたの保護者の方が負うことになるので、
そこだけはしっかりと意識して取引所を利用するようにしましょう。

 

晴れて仮想通貨デビューされたときは、
現在話題が尽きないビットコインやイーサリアムなどなど

まずはお小遣い程度の余剰資金で、
楽しまれるようにしてくださいね。

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
– 無料メルマガ –
絶賛配信中!

仮想通貨やロボアドバイザー、ソーシャルレンディングに加え、評価経済や副業&財テクなど、複雑化する現代の『お金』。そんな人生100年時代の生き残りのヒントになるよう、編集部コラムやブログ&Youtube動画新着など無料で配信中!


 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です